2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2017年6月20日 (火)

リアル越後屋

 まさか21世紀のこの時代に、お代官様と越後屋さんのリアルなやりとりが見られるとは思いませんでした。越後屋さんというのは経済界の優れた人物のことです。決して悪い人ではありません。いやいや、決してダメとは言いません。違法であるはずもありません。  官僚というのは国のものを売却した際の書類などはすぐに捨てるものなのですね。流石仕事が早い。すばらしい仕事です。後世に記録を残しておいてもろくなことはありま...

» 続きを読む

2017年6月 8日 (木)

身体障害者手帳診断書の記載について

 身体障害者手帳の記載は、医師の中でも登録している医師のみが可能です。私は昔身体障害者専門病院に勤務していたことがある関係で登録しており、身体障害者手帳で肢体不自由について記載が可能です。  最近、初診での(当院に通院されていない方からの)診断書記載が可能かどうかの問い合わせが時々あります。近隣に登録医が少ないことが原因かと思いますが、身体障害者手帳は身体状態を詳細に診察した上、心身の状態や周辺の...

» 続きを読む

2017年6月 1日 (木)

骨粗鬆症治療のキモ?

 一般の方はあまり意識しないかもしれませんが、日本人と欧米人とでは体質や薬の効き方は意外と異なることが多いです。なので欧米の臨床試験や投薬基準が日本人には合わないことも少なくありません。  骨粗鬆症の治療について、最近日本人と欧米人では対応が異なるのではないかなと思うことがあります。臨床試験では、欧米でも日本でも骨粗鬆症の治療薬は大変よく効きます。年々数%ずつ骨密度が上昇するというデータが揃ってお...

» 続きを読む

2017年5月24日 (水)

ポジティブとネガティブ

 日頃人が齢を重ねて亡くなっていく姿を診ていますと、幸せな老後とは何だろうとよく考えます。もちろん、健康で社会的、金銭的にも恵まれ人間関係も良好であれば最高に幸せだと思いますが、人生そううまくはいかないものです。  人は心身として20~30台がピークでしょう。以後は緩やかな下り坂を歩んでいくことになります。それは誰も逆らえない自然なことです。それを受け入れられるかどうか。最近その辺りにも少しヒント...

» 続きを読む

2017年5月11日 (木)

骨は硬いけれど折れやすい場合

 骨折しやすい病気というと骨粗しょう症が有名ですが、その診断は意外と微妙なものです。 診断基準では骨密度が70%未満とか、脆弱性骨折の既往があるとかいう基準がありますが、それだけでは骨の状態を評価することはできません。つまり「骨密度は良いのに折れやすい」という状態も稀ではないということです。  骨粗しょう症には骨密度と骨質というふたつの要素が関係しているとされています。例えば糖尿病は骨密度が良くて...

» 続きを読む

«ゴーンさんと日本の医療