2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 鶴川村と白洲次郎 | トップページ | 銀座の空 »

2009年3月10日 (火)

圧迫骨折

 骨粗鬆症など骨が弱くなっている状態で転倒したり尻餅をついたりすると、背骨がつぶれてしまうことがあります。骨が非常に弱い方では、腰を捻った時とかちょっとしたことでも骨折します。ご本人は単なる腰痛と思っていることも多く、なかなか治らないということで来院されて診断することもあります。当初は骨折に対しての治療が重要となりますが、根本的には骨粗鬆症の治療をしっかり行ってゆくことが重要です。1カ所圧迫骨折すると、次々に背骨が骨折してしまうこともあるからです。
 骨折した当初にかなり痛みが強い場合は入院して安静となることもあります。以前は入院されることが多くありました。しかし入院しても安静にするしかないことから、社会的入院と捉えられることもあり最近はなかなか入院とはなりません。病院へ入院の依頼をしても、圧迫骨折と病名を伝えるとベッドがありませんと断られることも少なくないように思います。自宅で安静にしていただいて往診することも増えてきています。
 骨は高齢になる前の貯蓄量が大変重要です。若者が過激なダイエットをしたりしないよう健康的な食生活、運動をするように気をつけましょう。

« 鶴川村と白洲次郎 | トップページ | 銀座の空 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圧迫骨折:

« 鶴川村と白洲次郎 | トップページ | 銀座の空 »