2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 痛風発作 | トップページ | 政治家の入院 »

2009年5月15日 (金)

薬のネット販売

 薬のネット販売を規制しようという動きにネット業界等が反対運動をしています。どちらの主張にもどうも違和感を感じざるを得ません。単純に、利害関係のぶつかり合いを見ている気がします。
 薬のネット販売を規制しようという意見は安全性の確保などを主張していますが、何をいまさらという気がします。私もよくドラッグストアで点鼻薬など買いますが、基本ノーチェックで買うことができます。その場で何か注意されたりしたことはありません。市販薬には添付書という免罪符が付いているのですから、処方薬から外れた時点で店頭でもネットでも大差はないはずです。コンビニで買えるようになるのにネットを規制する意味がよくわかりません。
 一方ネット販売賛成派の人たちは市販薬は安全なのだからネットで販売しても全く問題はないということを言います。この意見にもよく言うよ、という感じがします。総合感冒薬でアナフィラキシーショックを起こすことも漢方で肝機能障害を生じることもサプリメントで薬疹を起こすことも当然あります。添付書をきちんと読む方がどのくらいいるかわかりませんが、基本的に副作用の情報が書かれているはずです。しかも病院で使う薬は原則的に単一成分の薬を使っていますが市販薬は様々な成分を配合しています。最近は医療費削減のため医療用の成分がどんどん市販薬に使われるようになっています。一体どこまでが安全と言えるのか。一般的な疾患に対する薬においては、市販薬が病院の薬より安全だというのはかなり幻想に近いと思います。
 物事を規制して旨味のある団体とネット販売をして利潤を得る業界のガチンコのぶつかり合いはとりあえず再試合に持ち込まれたようです。

« 痛風発作 | トップページ | 政治家の入院 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬のネット販売:

« 痛風発作 | トップページ | 政治家の入院 »