2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 政治家の入院 | トップページ | 自転車で往診 »

2009年5月19日 (火)

新型インフルエンザに対する当院の対応

 関西で新型インフルエンザの感染が拡大しています。現在のところ通常のインフルエンザとあまり変わらないということで、あまり慌てることはなさそうです。しかし関西では学級閉鎖やマスクの着用など対策が難しくなってきているようです。
 関東にもいずれ感染は波及するでしょう。その場合どのくらいの対策が必要なのでしょうか。現在各種機関からの情報を収集しているところです。今の勢いだと、感染症病棟や発熱外来はすぐにパンクして機能しなくなるでしょう。一般の診療所でも新型インフルエンザの初期治療を行うことになりそうです。関東で新型が確認されたらとりあえず当院も職員がマスクをして対応しようかと思います。
 一応、発熱や咳などで新型インフルエンザの疑いのある方はマスクを装用して電話をしてから指示の通り受診するようにしてください。当院ではA型B型の判定は(判定キッドの在庫がある間)可能ですが新型かどうかは判定できません。また、タミフルは診療所レベルでは入手困難で、処方箋は書けますが薬はお渡しできない可能性が高いです。
 しかし、通常と同じくらいのインフルエンザでこれほどタミフルを使用してしまってよいのでしょうか?インフルエンザウイルスはタミフルなどの薬剤に耐性を獲得していくことはすでにわかっています。今のまま使い続けていたらすぐに耐性化してしまうでしょう。将来強毒性のウイルスが生じたときに有効性を維持するためには、現時点ではなるべく耐性化させたくないような気がします。現段階では、喘息患者さんや透析している方、妊婦など重症化する可能性の高い方を中心にタミフルを投与するといった限定使用の方がよいのではないでしょうか。
 今回は将来強毒性ウイルスがもし発生した場合の対応について国民全体が勉強する機会として捉えるとよいのではないかと考えています。

« 政治家の入院 | トップページ | 自転車で往診 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/29684118

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザに対する当院の対応:

« 政治家の入院 | トップページ | 自転車で往診 »