2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 10mlワクチン | トップページ | こどもは必要か »

2009年11月30日 (月)

イップス

 土曜日の午後にテニス関連の講習会に行ってきました。テーマがイップスだったのでこれは行かねばと思い、診療後にやや遅刻して参加しました。
 イップスというのは、スポーツ選手や音楽家などがそれまでできていた動作ができなくなる現象です。日本語では適切な言葉がまだありませんのでうまく説明しづらいのですが、医学部で習うときは「書痙」という病名で習っています。おはしを使うとか日常生活動作は全て普通にできるのに、字を書くときにだけ何故か手をうまく動かすことができなくなる方がいます。先天性の疾患などのために最初から字が書けない訳ではなく、ある時まではできていたのにいつからかできなくなるというのが特徴です。
 手の外科外来では、音楽家の方がイップスと思われる症状で来院されることが多いと思います。ギターを弾こうとすると指が硬直したり変な動きをして思うように弾けないというような症状です。
 スポーツの世界では、ゴルフでうまく打てなくなったということが一番多いと言われています。その他には野球とかテニスで多い疾患です。
 実は私も今から思い返すと大学時代にイップスという状態になりました。今回講習会に参加して実は私の症状はかなり重症だったのだなと思いました。私の症状は、あるときからフォアハンドストロークが全くできなくなりました。普通に水平方向へラケットを振ろうとしているのに何故かラケットが垂直に動き、頭の後ろと通過してしまいます。時にはフォアハンドをしているのに後頭部をラケットで打ってしまうこともありました。そのうちにサービスでもボールにラケットを当てることが困難になりました。そのときの悲しいやら情けないやらという思いは忘れられません。最後にはほとんど全てバックハンドに回り込んで試合をするしかなくなりました。私の場合は結局テニス部を引退してテニスから完全に離れることにしました。そのまま卒業し医師として忙しく働いているうちに、頭が切り替えられたようです。今はたまにテニスをする機会がありますが、まだ少しフォアハンドはぎこちなくイップスを発症する前のようにスムーズには打てませんが、あの悲惨な空振りはしないまでにはなりました。
 医学的にはイップスは局所性ジストニアに分類されるそうです。しかし自分の経験からはジストニアとは少し違うのではないかと思います。
 イップスの最大の問題は、それをきちんと理解している選手や音楽家、そのコーチや指導者、医療関係者が極めて少ないということだと思います。うまくできないのは練習方法やメンタルが弱いからということではなく、やはり中枢性に制御がうまくいっていないからだと思います。私は個人的にはイップスは自分の中に精神と身体があり、いくら精神がその競技や音楽をするように働きかけても身体がそれを行うことを拒否して反乱してしまっている状態なのではないかと思います。イップスの症状が出ているときは右上肢が自分のものではないように感じます。全く自分の意識ではコントロールできないのです。
 イップスへの対応は、きちんとその状態を把握すること。あまり悲観する必要はないと思います。それがイップスであると分かれば、軽症なら少し練習を休むとかペースを落とすとか、イップスが出る動作を使用しないで対処できないか考えてみるとか工夫してみるとよいかもしれません。一人で悩むのがつらかったら経験のある専門医や知識の深い臨床心理士などに相談するとよいと思います。
 安定剤や抗うつ剤などの薬剤を使用することもあるようです。気分的な落ち込みがあるようでしたら
専門医に相談してみるとよいかと思います。局所性ジストニアなどではボトックス注射が有効なこともあるようです。
 我ながら結構病気持ちだなと改めて思いますが、まあ医師としてよい経験をさせてもらったと前向きに考えたいところです。イップスは本人的にはかなりつらい状態だと思います。私もこれを機会に深く勉強してみたいと思いました。

« 10mlワクチン | トップページ | こどもは必要か »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イップス:

« 10mlワクチン | トップページ | こどもは必要か »