2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« コンバトラーV | トップページ | 受験シーズン »

2010年1月11日 (月)

在宅医療

 在宅医療に1日帯同して見学させていただいてきました。さすがに在宅専門医の先生はスペシャリストでその仕事ぶりには感服いたしました。これからの医療を考えたとき、地域医療・在宅医療をどうしていくかという問題は大変重いと思っています。今後ますます高齢化が進んでいくと、総合病院はもちろん近所の診療所であっても通院できないという方がどんどん増えていくと思います。政府の方針としても入院はできるだけ短縮して在宅に戻そうとしていますが、在宅での医療体制が整っているかというと全くそんなことはありません。
 当院も定期的な往診はしていますが、患者さんの必要な場合に常時対応するということは現実的には困難です。整形外科としては子供から高齢者までの外傷や骨関節疾患に対応する必要があり、やはり検査・処置などを考えると可能な限り診療所に来院していただくことが基本となります。となると在宅医療を拡充するためには在宅医療に精通した医師と緊密な連携をしていくかグループ医療のように一緒に働くかということを真剣に考えていかないとならないをいうことがよくわかりました。見学させていただいた地区では地区医師会が夜間往診を積極的に構築しているということで、町田市でもこれから取り組んで行くべきなのかもしれません。
 かなり他流試合のような見学だったのかもしれませんが、本当に勉強になりました。これからも様々なところに時々見学や研修に行ってみたいと思います。人生、ずっと勉強ですね。井の中の蛙にならないようにしていきたいものです。
 

« コンバトラーV | トップページ | 受験シーズン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/32948158

この記事へのトラックバック一覧です: 在宅医療:

« コンバトラーV | トップページ | 受験シーズン »