2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 生物多様性と医療 | トップページ | 湿潤療法について »

2010年10月14日 (木)

消毒液

みなさんはけがをしたとき、消毒をしますか。

傷を市販の消毒薬、ヨードチンキ、イソジン、時には赤チンなどさまざまないわゆる消毒液を使って、”傷がまだ治らない”と皮膚科に受診する方がいらっしゃいます。

最近ためして○○などの番組などで割と知っていらっしゃる方も多いのですが、基本的に傷には消毒液はつかわなくなってきました。

流水や石鹸で洗い流すのが一番きれいになります。

消毒液はたしかにバイ菌は死ぬかもしれませんが、ゴミなどの異物がついていると意味がありません。また、皮膚の上皮化(欠損した皮膚をおおうために新しい皮膚がつくられること)を妨げます。また、時にかぶれることもあります。

診療所でも、けがの場合は消毒液をつかいません。ちいさな異物、ゴミをとるため流水で洗ったり、生理的食塩水で流したりするのです。

習慣とは恐ろしいもので、知ってはいても、実際けがや、やけどをするとつい、使ってしまう方もいるようですが・・・

今度はけがをしても、水道水であらうだけにしてくださいね。その後、湿潤療法をするといいでしょう。(湿潤療法に関しては次回ブログで)

« 生物多様性と医療 | トップページ | 湿潤療法について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/37230790

この記事へのトラックバック一覧です: 消毒液:

« 生物多様性と医療 | トップページ | 湿潤療法について »