2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 母指CM関節症 | トップページ | Fリーグ »

2010年11月15日 (月)

子供の外傷にリハビリは必要か

 骨折や捻挫等の外傷後、大人では関節の動きが悪くなることが多く回復にリハビリテーションを要することが多々あります。手術後を中心に、ギプス固定後などはかなり力も落ち関節の動きも悪くなっています。最近は早期からの積極的なリハビリテーションが推進されており、昔のように安静にしてから開始するのではなく可能な限り早期から行うようになっています。
 一方、子供ではどうでしょうか。子供では骨折後も骨癒合が早く、固定を解除するとあっという間に関節の動きも元に戻ることが多いです。時々リハビリ目的に民間療法へ長期に通っているという話を聞きますが、本当に必要なのか疑問に思うことがあります。例えば子供の足関節捻挫では、実は剥離骨折を伴っていることも多くこの場合は発症時からギプス固定して安定するまでしっかり固定すればその後は順調に回復します。特にリハビリは必要なく遊んでいるうちに完治します。腰痛でも分離症が考えられる時は発症後すぐにコルセットなどでしっかり固定しきちんと安静を守るときちんと治ることが多いものと思います(もちろん分離症はそれでも分離してしまうこともありますが)。肘の骨折後もギプス固定後は特にリハビリ通院しないでも普通に遊んで経過観察すると変形治癒さえなければ機能的にはそのまま回復します。
 子供でリハビリに通院しないといけないという状態はかなり特殊な状態だと思います。上述した通り、分離が進行してしまい慢性腰痛の状態になってしまった子や、前十字靭帯損傷でまだ成長期のため手術適応がないと専門医に診断されている子、全身的に関節が固かったりして競技に支障のある子などでしょうか。逆に大人が子供の外傷後の関節を動かすと強すぎて異所性仮骨などの合併症を生じてしまうこともあります。初期に外傷の具合によってしっかり固定するのか少し動かすのか。いつまで固定するのか自由にさせるのか。こればかりは外傷の具合でその場で決めていくしかありません。
 足関節の捻挫や手関節の骨折でリハビリ通院を当然のごとく勧められたら、ちょっと考えた方がよいかもしれません。

« 母指CM関節症 | トップページ | Fリーグ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/37683821

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の外傷にリハビリは必要か:

« 母指CM関節症 | トップページ | Fリーグ »