2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 本日より通常通り | トップページ | 高齢出産 »

2011年1月 7日 (金)

変形性膝関節症

 変形性関節症とは、簡単に言うと関節軟骨がすり減ってしまい疼痛や可動域制限などの症状を起こすことを言います。年齢とともに関節軟骨は減っていくものですが、膝関節は最も症状を起こしやすい関節です。大きく分けると、他疾患や膝関節の靱帯損傷などに伴って発症してくる2次性関節症と大きな誘因なく起こる変形性関節症があります。
 日本人は比較的O脚であることが多く、内側の関節面が減ってくることが多いのですが外側が主に減ってきたり膝蓋骨と大腿骨間の関節面が減ってくることもあります。最初は立ち上がるときに痛いとかいう症状ですが悪化してくると階段がつらくなってきたり正座が困難になります。最終的には歩行が困難になり常に疼痛がある状態にもなります。
 年齢とともに多くの方が生じる疾患なのでまずはなるべく予防することが重要です。膝関節の靱帯損傷の既往がある場合は、若い方でしたら前十字靱帯は手術的に修復するなども検討すべきです。また大腿四頭筋を鍛えたりストレッチをしたりといった運動療法は進行防止に有効な方法です。内側のすり減りが強い場合は、外側楔状足底板を使用して関節内側の負担を減らすという方法も有用です。ヒアルロン酸やコンドロイチンの内服はどうなのでしょうね。医学的には…。
 急に痛みが増悪した様な場合は消炎鎮痛剤を使用したり、疼痛が持続する場合はヒアルロン酸の注射をすると効果があります。最近、高分子のヒアルロン酸も使えるようになりました。ただ、保険は効きますがかなり高額なのと今まで使用していたヒアルロン酸との効果の差がどれほどあるのか実際にはまだ不詳なのでもうしばらく日本国内での使用成績を見てから導入すべきか検討しようと思っています。従来から使用しているヒアルロン酸注射でもかなり効果は期待できますので、疼痛が続く場合は行ってみるとよいと思います。ただ、コントロール不良の糖尿病の方などでは細菌感染が心配なため注射は困難です。
 これらの保存的な治療では効果が芳しくない場合は手術的な治療が必要になってきます。比較的若い方ですと、下腿の骨を切って角度を変え膝関節の負担を減らすという矯正骨切り術という方法があります。この方法のメリットは自分の骨で修正できるということです。適応には慎重な判断が必要ですが考慮すべき方法です。進行期の手術として一番一般的なのは人工関節置換術です。O脚などの角度も修正し関節面も取り替えるので疼痛緩和、機能改善には最も確実は方法です。最近の人工関節は長期成績も向上しており杖歩行で何とか歩いていた方がスッスッと歩けるようになったりすることも少なくありません。ただし、頻度は稀ですが人工関節の感染や静脈塞栓症の併発などの合併症はゼロではありません。糖尿病や心疾患など内科的な問題で行えない方もいます。よく相談の上行うことが肝要です。
 私もややO脚なので将来は変形性関節症になりそうです。そろそろ四頭筋訓練などしないとな〜と思っています。痛くなってきたら自分でヒアルロン酸注射するのか?とかも。あと30年くらいした頃には自分の骨や軟骨を培養して移植できるようになっているかもしれません。淡い期待を抱いています。

« 本日より通常通り | トップページ | 高齢出産 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/38378680

この記事へのトラックバック一覧です: 変形性膝関節症:

« 本日より通常通り | トップページ | 高齢出産 »