2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

深部静脈血栓症

 深部静脈血栓症とは、主に下肢の静脈に血の固まりができて血流が阻害される病気です。生じた血栓が流されると肺の血管が詰まってしまい亡くなってしまうこともありますので細心の注意が必要です。エコノミークラス症候群として有名になった疾患ですが、さまざまな原因で生じることがあります。
 アメリカでは比較的昔から注意されていた疾患ですが、日本では高度肥満など血栓形成のリスクが比較的低いと昔は考えられていました。しかし私が医師になったころから、主に人工関節手術の重篤な合併症として注目されるようになってきました。今では、整形外科手術の前後にはエアマッサージの様な機器で下肢を圧迫したり弾性ストッキングを使用したり血液をサラサラにする薬を投与したりして予防を厳重に行うようになっています。
 大きな手術以外でも深部静脈血栓症を発症することが稀ではないことがわかってきました。震災時に乗用車で寝泊まりしたりすると下肢の血流が滞って発症しやすいとして、被災地でも予防運動が重要とされています。診療所では、足の外傷後に起こることがあります。外傷そのものの後のことや、骨折などでギプス固定をしている間に生じることもあります。もともと静脈瘤のある方には、誘因なく生じることがあります。
 下肢が急に浮腫んできた時などには注意が必要です。赤く腫れて痛い場合などは血栓性静脈炎ということも考えられます。検査としては超音波検査で血管内に血栓がないかどうかを確認したり、採血でD-dimerという項目を測定したりします。重症の場合は入院加療が必要です。
 足を副木やギプスで固定した際にも、過度に寝込んだり絶対安静にすることなく動かせる関節や筋肉は動かすようにして予防するようにしてください。足のむくみに左右差が生じたりする場合は早めに医療機関を受診し血栓の疑いがないか確認する必要があります。
 診療所でもたまに発見することがありますので、それほど稀な疾患ではないということは少し知っていた方がよいかもしれません。
 

2011年5月29日 (日)

ガイガーカウンター

 買っちゃいました。今更感もあり、心配性すぎかもしれませんが。とりあえず我が家の外では地上すれすれでも平常時並みの値のようです。子供達が外で遊んでも心配なさそうです。雨が続いていてなかなか他の地点での測定はできていませんが少し持ち歩いてみようと思います。

2011年5月28日 (土)

梅雨入り

 5月なのに今年は梅雨入りが早かったですね。雨が続くと子供の遊びに困るものですが、みなさんどうしているのでしょうか。我が家ではそろそろ森に行ってみたくなる時期です。意外と夏よりいろいろ期待できたりして。あとはうなぎ釣りでしょうか。台風が来ているとできませんが。
 うっとうしい季節もなんとか工夫してやり過ごしたいものです。

2011年5月26日 (木)

節電ノルマ

 今日の新聞に医療機関は夏の節電ノルマを免除されるという記事がありました。もうサマータイム発表してしまったのに…。当院は昼のピーク電力を押さえるのに少しでも協力するため、やはり昼の休診時間を通常より伸ばすことは実行しようと思います。
 他にも節電ノルマを免除される業種がいくつか書いてありました。夕刊の印刷のため、新聞社が100%免除されるとは。電車の本数を減らして夕刊やテレビは維持されるのか。どちらの方が有用なのでしょうね。

2011年5月23日 (月)

特定検診

 今年度の特定検診が始まりました。対象の方には原則的に受診券が送付されます。どんな病気も早期に発見して予防、対応するのが最も有効です。メタボリック症候群については日頃から食生活、運動などに気をつけてその成果を検診で確かめるというスタンスがより望ましいものと思います。
 肝炎検診、前立腺がん検診も対象の方は同時に行えます。積極的に受診しましょう。

2011年5月20日 (金)

サマータイムの導入について

 今年の夏は15%の節電が求められています。蛍光灯を減らす、モニターのLED化など少しずつ対策を進めていますが、夏の間の節電目標達成は難しいものがあります。
 昼のピーク電力を削減するため、7/19(火)から9/17(土)まで午前中の診療とリハビリテーションを8:30に始めて終了を30分早めて12:30としたいと思います。午後も診療、リハビリテーションとも15:00〜18:00とさせていただきます。
 同じ期間、ウォーターベッド型マッサージ器を休止させていただきます。ご不便をおかけしますが、ご了承の程よろしくお願いいたします。

批判する人される人

 批判するのは簡単なものです。批判ばかりしている人を見ていると、どうも信用できない気になってきます。これはあまのじゃくなのでしょうか。
 最近のメディアは首相を一方的に批判しています。どこまで冷静に分析して客観的に報道しているのか。
何か裏がありそうな気がして信用できません。原発から自然エネルギーへの転換を示唆している人物をメディア、元与党、与党の守旧派、経済界は拒否したいのでしょうか。
 未曾有の自然災害に歴史上例のない原発災害が重なって、さらに危機的な財政状況もある中で完璧なリーダーシップを発揮できる人物が元与党などにいるのでしょうか。本当のところがわからないので辞任を求める人の意見が当たっている可能性も否定できませんが、候補者を挙げて討論など戦わせてほしいものです。そんな余裕もないか。

2011年5月18日 (水)

7月14日コツコツ教室

 7月14日の昼に、町田市の事業の一つである「コツコツ教室」で講師を勤めさせていただきます。骨粗鬆症について食事や運動などについて各専門家が話すのですが、医師として骨粗鬆症とはどんなものかと治療方法を中心に話をしようと思っています。
 以前も一度講師をしたことがあるのですが、その頃と比べると治療方法も大きく変わってきました。興味のある方はぜひご参加ください。と言っても異常に人前で緊張するので顔が引きつっているかもしれませんが…。
 これに伴い、7月14日の午前中の外来を12時までとさせていただきます。申し訳ありません。詳細はホームページと携帯サイトにも記載しようと思います。

2011年5月14日 (土)

受診前の処置

 切り傷や擦り傷で医療機関を受診される場合、様々な応急処置をしてから受診される方がいます。昔はガーゼをして受診する程度でしたが、最近はさまざまなパターンがあります。
 一時、粉末状の処置剤をスプレーするのが流行りました。これは医師からすると最悪の前処置でした。創がどうなっているのかわからず、粉末が固まったものが非常に取れにくいので診断も処置もやりにくくなります。これだけは使用しないで来院していただきたいと思います。
 軟膏を塗ってから来院される方もいますが、この油分は処置の時に取れにくいので軟膏類は付けない方が望ましいと思います。
 学校や看護師さんのいる施設では、最近は切り傷をテープで止めてから来院することが多いです。これも医師からすると悩ましいものです。切り傷を止めるテープはステリーテープと言いますが、これを貼ってある場合は創の内部は十分洗浄してありもう開いて確認しないでよいということを一般的に意味します。もし内部の洗浄が不十分なのにテープで固定してしまうと、内部に異物や細菌が残ってしまい感染などの発生が増加する恐れがあります。なのでテープが貼ってあるのに来院すると、それを取ってよいのだかそのままにすべきか悩みます。もしそのままにして経過観察して感染してしまったらテープを貼った方の責任になってしまうのかもしれません。それもまずいので結局一旦剥がして内部を確認し洗浄するようにしています。
 指を切った時に輪ゴムできつく縛ってから来院される方も多いです。確かに動脈圧以上の圧力で止血できればよいのかもしれません。しかし動脈圧より下がってくると静脈のみ圧迫されうっ血が増える恐れもあります。指の場合もガーゼやきれいなハンカチやタオルを全体的に当てて全体的に押さえて受診されるのがよいと思います。
 結局は昔ながらのきれいな水道水でよく洗ってガーゼで押さえて、あれば包帯固定し受診されるのが最も診察や処置がスムーズに行くものと思います。

2011年5月13日 (金)

大腸癌検診

 今日から1ヶ月間は町田市の大腸癌検診期間です。毎年春と秋に1ヶ月づつ行われますが、年1回検診することができます。大腸癌は症状が出てから発見されると厳しいので検診にてチェックすることが推奨されています。一次検診は便潜血2回法で行われます。便潜血が陽性の場合は大腸内視鏡検査などの精密検査を行うとよいです。
 もし検診で大腸癌が発見されても早期のことが多く、最近は内視鏡で切除できることも少なくないので心配しすぎず検診を受けられるとよいと思います。

2011年5月12日 (木)

アンペア

 とりあえず自宅のアンペアを引き下げてみました。各電気製品のアンペアを計算してみましたが、電子レンジやドライヤーを同時に使わないようにしていけば何とかなるようにも思います。夏場のエアコンが一番の問題でしょうね。窓際にゴーヤを植えてみましたが、まだ芽が出ません。寒いからかな?
 

2011年5月11日 (水)

新しいビタミンD

 最近、骨粗鬆症治療薬として新しい活性型ビタミンDが処方できるようになりました。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進したりして骨粗鬆症の進行を防止します。従来用いていたビタミンDでは積極的に骨密度を上昇させるのは難しかったのですが、今度登場したビタミンDは臨床試験で骨密度を上昇させる効果が実証されています。
 骨粗鬆症の治療薬としては、カルシウム、ビタミンD,ビタミンK、ビスフォスフォネート、SERMが主に使われています。この中で作用の強いものとしてはビスフォスフォネートとSERMが主でした。ただ、ビスフォスフォネートには頻度は稀ですが顎骨壊死の可能性や長期内服での骨折の可能性などが近年報告され、SERMは女性ホルモン由来のため静脈塞栓の可能性など稀ながら注意して内服する必要がありました。
 活性型ビタミンDの問題としては血中や尿中のカルシウム濃度が上昇しすぎることがあるため、定期的な血液・尿検査が必要です。それでも基本的にビタミンなので使用しやすいのは間違いないと思います。ビスフォスフォネートを数年内服して休薬し、その間しばらく活性型ビタミンDに切り替えるなどといった使用方法が考えられます。
 新薬は最初長期処方が認められないので2週間処方しかできないのが当面は最も大きな問題です。安定した骨粗鬆症の方は長期処方をしている方が多いので、2週間に1回の来院では不便です。なので積極的に処方するのは来年からになりそうです。

2011年5月 8日 (日)

1000年

 今年のゴールデンウィークは微妙な雰囲気でした。自粛ムードも残る中、通常の活動に戻ろうという動きもありどの程度のことをしたらよかったのだか。デモに参加したり講演会などを聞きに行ったりした方がよかったのかもしれません。
 やはりいつでも震災とか原発のことが頭から離れなかったのは事実です。ひとつ考えたのは、1000年単位で考えたらどうなのだろうかということです。今から1000年前というと平安時代でしょうか。ネットで調べると源氏物語が完成したのが1011年とのことなので、歴史を感じてしまいます。
 今から1000年後の日本では、2011年はどう評価されているのでしょうか。3011年にはウランはもう枯渇している見込みです。順調にいけば全ての原発は廃炉され解体されてこの世には存在しないでしょう。
一方高レベル放射性廃棄物の半減期は数万年だそうです。つまり、高レベル放射性廃棄物処理施設は3011年にも稼働しつづけていることになります。3011年の日本人は、電力の恩恵なく廃棄物の管理のみを我々の世代から託されている訳です。源氏物語を残した世代は尊敬されるべきでしょうが、廃棄物を残した世代はどう評価されるのでしょうか。
 ちなみに、1万年前くらいに日本が今の形になったそうです。1万年後の日本の高レベル廃棄物処理施設は陸地の地下にあるのか、海中に没しているのか。計画としてすでに想定されているのでしょうか。

2011年5月 2日 (月)

ゴールデンウィーク中

 当院はゴールデンウィーク中もカレンダー通りに診療しています。4/30と本日は大変混雑してしまい申し訳ありませんでした。ちょうど震災後長期処方の制限もあったため、さらに集中してしまったような気がします。5/3から5/5までは休診です。5/6と5/7も混雑してしまうかもしれません。様子を見られる場合は5/9以降の受診をお勧めいたします。御来院の時は、時間に余裕をみて受診していただけますと幸いです。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »