2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 脱臼整復のコツ | トップページ | 台風一過 »

2011年9月20日 (火)

いぼの治療

足などにできるウィルス性のいぼの治療のスタンダードは冷凍凝固です。液体窒素を患部にあてて凍結し、組織ごと凍傷をおこさせて(場合によっては水疱、血腫になる)脱落させる治療です。

治療とはいえ、痛いので、毎回申し訳なく思いながらも、早くなおるようにと心を鬼にして冷凍しています。

しかし、よく頑張っていた子が泣き出すと、さすがにこの治療でいいのか疑問がわくこともあります。

うちではスピール膏と軟膏ではがす治療も併用しているので、冷凍する回数はへりますが、やはり普通のいぼの治癒でも1~3ヶ月ほどかかります。(長期間放置したいぼ、多数のいぼはまた話が別になります)

どうしても冷凍がいやな場合や、小さい子供のときには冷凍しないこともあります。

その子にあわせつつ、最短の方法で直したいといつも思っているのです。

根気よくやってなおさないと増えます。また、大人になってからでもできるし、かつ増えます。

どんな状態になっても直す自信は私にはあるのですが、本人のなおす気がないとやはりなおりません。

いぼの治療はがんばって一緒に直していきたいと思い、心の中で必要以上に葛藤する治療のひとつです。

« 脱臼整復のコツ | トップページ | 台風一過 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/41866890

この記事へのトラックバック一覧です: いぼの治療:

« 脱臼整復のコツ | トップページ | 台風一過 »