2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アリとキリギリスの現代的解釈 | トップページ | 体重が減らない »

2011年10月28日 (金)

足の手術

 昨夜は足の外科専門医の講演会に行ってきました。整形外科にはほとんど各関節ごとに専門があるのですが、足の外科というと外反母趾や扁平足などの手術を行っている分野になります。一般の整形外科医でも外反母趾の手術までは行うものですが、扁平足などになると専門性が高く足の外科専門医に依頼するのが普通です。
 扁平足で手術することもあるのかと思われる方もいるかもしれませんが、足のアーチを保っている筋肉の腱部分の断裂や機能不全で生じていることもあり進行すると歩行困難になることもあります。QOLの低下具合は股関節や膝関節の障害と同じくらいとのことで、足の障害もしっかり検討する必要がありそうです。
 外反母趾や扁平足で手術という方法もある旨お話しても、そこまでは希望しないという患者さんがほとんどです。足の障害は肥満に大きく関係しており、アメリカでは非常に足の手術が多いのですがメタボリック症候群の増えている日本でも今後手術を必要とする方が増えていくものと思います。
 足の手術では、疾患が進行すると成績が落ちるためもう少し悪化したら手術を検討しようと思っていると最も経過良好な手術はできなくなる可能性もあります。少し早めに整形外科を受診して相談した方がよいかもしれません。

« アリとキリギリスの現代的解釈 | トップページ | 体重が減らない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/42718511

この記事へのトラックバック一覧です: 足の手術:

« アリとキリギリスの現代的解釈 | トップページ | 体重が減らない »