2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

キズパワーパッド

最近では、湿潤療法という言葉を知っていらっしゃる方が多く、傷がある程度深いときに上記を貼って来院される方もいます。

(知らない方のために・・湿潤療法とは、傷を消毒せず、水洗いし、傷を乾かさずに湿潤させて直す方法です。湿潤と言っても、過剰な浸出液はかえって傷の治りを悪くします。そこで、適度に浸出液を吸収し、しかも乾かさずにする状態を保つ創傷被覆材を使うことが医療機関では多いのですが、市販品で似たような効果のあるものが、キズパワーパッドです)

やや深い擦り傷や、やけどの皮膚が欠損した状態のときに使うといいのですが・・・

間違った使い方をすることがあるので注意です。

まず、できてからしばらくたった傷のような状態に貼るときは注意です。

とびひのびらん(皮膚がなくなった状態)であることがあります。原因は細菌ですので、かえって悪化し病変が広がります。

第2に、浸出液が非常に多いときに使うと、傷の治りがわるく、周りがかぶれたりすることがあります。浸出液が多いときは医療機関に行った方がいいことが多いでしょう。とびひの場合もありますが、傷が大きすぎたり、壊死した組織があり、切除や除去が必要なことがあります。

受傷機転がはっきりしている傷でかつ傷の深さが浅いものに、すぐさま水道水で洗浄して異物(細かい砂利など)を除去してから貼るのでしたら問題ないでしょう。しばらくたってからの傷は二次感染をおこしていたりするためやや危険です。

また、ケガをしたおぼえがないびらんや原因のわからない発疹には貼らない方がいいでしょう。

原発投票

 2/9まで、原発に対する都民投票を実現させる署名活動が東京の各地で行われています。まだ目標署名数にはほど遠いらしいですね。意外です。もっと多くの人が原発に関心があるのかと思ったら原発のことを考えている人というのは少なくとも東京では非常に少数なのですね。
 やっぱり日本に民主主義は無理なのかもしれません。子供のころから実直に上司に従うことしか教えてこなかったからでしょうか。

2012年1月30日 (月)

お薬手帳について

体や顔に急に(もしくは亜急性や長期経過のこともあり)広範囲に発疹がでて、皮膚科に受診される方は少なくありません。

ウィルス性のこともありますが、(感冒や流行性の下痢症などのあとにでる)やはり薬との関連は必ず念頭に置いて診察します。

皮疹がいかにも薬疹と思われるものやあきらかに薬疹ではないだろうというものは見てある程度わかりますが、迷うこともあります。

そのため、必ず内服薬を確認します。ほかの科の先生も併用禁忌などの関係から確認することもあるでしょうが、皮膚科は必ずと言っていいほど確認します。

しかーし。皮膚だからといって、薬手帳を忘れたと言われることがやはり少なからずあります。

特徴的な薬疹を起こす薬もあり、見ただけで診断できることもあります。

結局不利益を被るのは患者さん自身です。必ず薬手帳もしくは薬手帳がないときは実際に服用している薬を持参してください。

また、他院でなおらないからとこちらを受診される方も結構いらっしゃいますが、どうしてなおらないかを見極める意味でも、前の医師の処方は非常に重要です。

塗り方や生活指導が変わるだけで同じ薬をだされるかもしれません。

医療機関にかかる場合にはお薬手帳をご持参ください・・・。(全部記憶にあり、説明できる方はいいのですが、病歴が長い場合には持参なさる方が無難と思います)

まあ、持ってこようと思っていても、忘れることは私でもよくありますので、ある程度しょうがないと思っていますが。

2012年1月28日 (土)

低温やけど

やはり寒い季節になると増えてくるのがしもやけと低温やけどです。
今年はしもやけ多いですね。生まれてはじめてでたという大人の方や、年配の方も多いです。
また、いつもより悪い方が大勢いらっしゃいます。
そういうときにちらほらみられるのが、湯たんぽによる低温やけどです。ホッカイロでもありました。
低温やけどは最初は痛くないのですが、数日たつと崩れてきたり、中心が黒くなったりして、そのころから痛みがひどくなってきます。周りの赤みもひどくなってきて、激烈な痛みをともなうようになることもあります。それが受傷後すぐではなく、1週間ぐらいたってからおきることも多いので、治らないからと1,2週間たってから痛くなって化膿したと思い受診なさる方も少なからずいます。
湯たんぽは入れてもいいのですが、寝る前にとるか、湯たんぽをかなり厚く毛布などで巻いた上で就寝するようにしましょう。
お子さんの低温やけども意外といらっしゃいます。寝てしまったらとったほうが安全です。
やけどで瘢痕が大きいと、将来年をとってから運が悪いと皮膚がんもできることがありますので、できれば低温やけどをしないように細心の注意をしましょう。

2012年1月26日 (木)

目の周りの皮膚炎

まぶたの皮膚炎が11月や12月に少なからずいらっしゃいました。

1月過ぎにもちらほらいらっしゃいます。

原因はいろいろ考えられますが、その一つに杉花粉が考えられるのです。

11月や12月も杉花粉がとぶのでしょうか・・・実は飛ぶらしいのです。

乾燥のせいと思っていらっしゃる方がいますが、実はスギが原因かもしれません。

くしゃみ、鼻水、目のかゆみがある場合には内服治療を開始してもいいかもしれませんね。

眼瞼皮膚炎に関しては基本的にステロイドですが、長引く場合はアトピー性皮膚炎の治療薬に変えることがあります。

目の周りの皮膚炎は長引くと、目の炎症をおこし、ゆくゆくは白内障などをおこすこともあります。目の周りの稗粒腫(しろいぷつぷつとした1ミリ台ぐらいの皮下腫瘤)をおこしやすくなります。

目の周りがあれてきて、保湿剤でよくならない場合は皮膚炎がありますので、受診した方がいいでしょう。

2012年1月25日 (水)

アトピー性皮膚炎の治療

最近ではアトピー性皮膚炎の治療はなるべく悪化させないという方法がよいとされています。

ずっと悪化させたままだと、その後に鼻炎、ぜんそくなどのアレルギーが惹起されるといわれています。いわゆるアレルギーマーチといわれるものです。

悪化させた皮膚はバリア機能が壊れており、アレルゲンも入りやすく、いろいろなものにアレルギーを獲得していくとも言われています。花粉など・・・。

そのため、すっかりなおるまではステロイドを継続して十分に塗る必要があります。漫然とぬるのはよくないのですが、赤みがなくなるまでは塗り続ける必要があります。

やめるタイミングは意外と皆さんはやいことが多いです。かゆみがなくなった時点で治っていると思う方が多いのですが、赤み、隆起がすっかりなくなるまではだめです。私の目からみると不十分な方が多いです。

また、治ったあとも悪くならないスキンケアが必要です。悪化させる化繊の下着や洋服の洗剤、シャンプーなどはさけ、乾燥するなら保湿が必要です。

また、悪化しやすいところは週に3回プロトピックをぬる、もしくは週に1,2回ステロイドをぬるという方法もあります。

塗り方、薬のやめ方、続け方は最初はわからないので、なれるまではしばらく通院していただくことが一番いい方法なのでしょう。

足の脈触れますか?

 この時期になると、血行障害が問題になることが増えます。手の脈は手首の親指側にあるトウ骨動脈が触れることはよく知られていると思います。しかし実際には手の血行障害はあまり多くありません。凍瘡などはよくありますが、手の動脈閉塞は膠原病や血管障害の方で一部生じるくらいです。
 一方足の血行障害は意外と気づかれずによく存在するものです。脂質異常症や糖尿病で動脈閉塞を生じている方、タバコを吸っていて閉塞性動脈硬化症を生じている方などは注意が必要です。自覚症状がなくても、動脈の血流が障害されている方がいます。
 足先が冷える、色が蒼白や青っぽいなど色調異常、少し歩くと足が痛くなったりしびれたりして立ち止まってしまうという症状などがある方は足の脈が触れるかどうか調べてみるとよいかもしれません。足の脈は多くの場合足背のやや母指側に触れます(手で言うと手背の親指と示指の間付近)。あとは足首の内くるぶしの背中側にも触れます。正常でも触れない方がいますが、症状があって触れない場合は医療機関で相談した方がよいかもしれません。
 血行障害がある方で、特に糖尿病などで神経障害のある方ですと湯たんぽや使い捨てカイロなどを使用するのは危険です。知らないうちに低温熱傷を生じてしまう恐れがあり、重症になると足指の切断手術を要するほどになることもあります。
 簡単な自己チェックですので、この時期生活習慣病や喫煙者の方には確認してみることをお勧めします。

2012年1月20日 (金)

神様は考えるのだろうか

 「神様は考えると思うか。」
 高校の頃、夢のなかで木霊した言葉です。我々が1+1を考えることなく反射的に2と答えるように、全ての真理を把握している全知全能の存在が神だとしたら、その存在に思考とか苦悩の介在することがあるのでしょうか。
 人間にとって考えるということは特権的なことなのでしょうか。もしかしたら人間というのは何もわからないから考えざるを得ないのではないか。悩まざるを得ないのではないか。この言葉を聴いてから、私にはそう思えてなりません。
 動物たちは悩むのでしょうか。例えばカマキリのメスが交尾の後にオスを食べてしまったとしても、それは動物の世界では残酷なことにはなりません。動物には自然界の摂理という定まった真理があるからです。ひとつの真理を確定した存在にとって、思考とか苦悩はやはり必要がないのかもしれません。
 人間は神と動物のはざまで、全知全能にもなれず真理を確定することもできず、悩み考え続けているだけなのかもしれません。そして、人間という混沌は人間にはもっとも耐え難いものです。それでも人間として存在しようとする。最も苦しい生き方なのかもしれませんが。

足育という言葉はご存知でしょうか。

98%の子供は健康な足で生まれてくるのに60%の大人は足に障害を持っているといわれています。原因は靴や歩き方といわれています。
その中できちんと足に合った靴を履き、人間が持つ足本来の機能を取り戻し、正しく歩くことを考える「足育」という理念がでてきたそうです。
当院は整形外科で40年やってきたのですが、その傍らで皮膚科を診療している際にいつも思うことがありました。腰、股関節、ひざなどが痛くて整形外科にいらっしゃっている方が魚の目やたこを主訴に皮膚科を受診なさると、外反母趾の方の多さに驚かされるのです。さらに足の変形のため指がかさなり、つめを圧迫し、肥厚した爪、変形した爪になり、それが魚の目、たこの原因になっていることも多いのです。
聞くと、若いころはやはりパンプス、ヒールを履いていたとのこと。
最近ははいていないんだけど・・とおっしゃるのですが。
町に出て、周りを見回すとハイヒールの若い女性は大勢いらっしゃいます。男性まで先のとがった革靴。
足育の概念は学校保健で必要かもしれません。
将来、足の障害はひざ、腰、首に障害をおこします。医療費の増加の問題、労働力の低下の問題もあるかもしれません。老年になると介護の増加につながるでしょう。
おしゃれな靴はすべてだめといえると思いますが、いかかでしょうか。(大ブーイング?)

2012年1月19日 (木)

入院困難

 毎年この時期には入院を依頼してもベッドが満床と言われてしまうことが少なくありません。冬のこの時期はインフルエンザや肺炎などが流行し入院を要することが多いためです。先日も入院を5箇所の病院で断られてしまいました。
 圧迫骨折の場合は、手術以外は社会的入院と捉えられているため今後は入院すること自体が難しいものと思います。自宅で安静を保てればよいのですが、介護に積極的なご家族がいないとなかなか難しいのが現状です。ましてや一人暮らしの高齢者の方は、つらいものと思いますが何とか自宅で過ごしていただくしかないかもしれません。
 入院を抑制して在宅を推進するために介護保険が導入されてきたわけですが、入院と迷うような症例ではケアマネージャーや介護施設の看護師さんから入院させてくださいと頼まれることが少なくありません。そうすると病院と介護施設の板ばさみとなってしまいます。
 一般の方が入院が必要と思っているレベルと現在の入院適応はかなり違ってきています。今後はもっと入院は難しくなるでしょう。自宅で終末期を迎えることも含めて、どこまで在宅でどこからが入院なのか。認識を改めないといけない時期に来ています。

2012年1月18日 (水)

なんだかなーと思ってしまうもの

皮膚科をやっていてこれはあまりいらないものではないのかなと思うものは多々あります。

消毒剤はおそらく一般家庭にはいりません。
傷などの治癒を遅らせますし、滅菌はできませんし、かぶれることもあるからです。
傷は温シャワーで洗うだけでいいのです。

ナイロンタオル、スポンジ、ブラシなど体を洗う道具。
皮膚を傷つけ、冬などは乾燥症状を悪くいたします。よくあるのは湿疹などの炎症やこすりによる色素沈着を垢だと思ってさらにこすってますます悪化させている方が結構いらっしゃいます。また、にきびのようなもうのう炎をおこすこともあります。こすることによって。
手でさっさと洗うだけでいいでしょう。

口腔内洗浄剤(殺菌成分)、歯磨き粉
過剰に口腔内を洗浄することはおそらく変な菌をふやすこともあるかもしれません。皮膚科的には口腔内の接触皮膚炎をおこすこともあります。
ブラッシングを丁寧にすることで(3分以上)歯磨き粉はいらないという説もあります。

部屋を殺菌するものその他過剰に殺菌するもの、抗菌仕様のもの
おそらく、必要ないと思います。殺菌することで、また別の菌がでてきたり、呼吸器、皮膚に障害が起こらないとも限らないと考えます。

乾燥性皮膚炎、アトピー性皮膚炎の方の化繊の肌着
今この近辺でヒートテックをはじめとした肌着を着る方が大勢いらっしゃいます。肌が強い人はいいのですが、少なくとも肌がかゆいと思う方は着ないか、もしくは綿の肌着の上から来てもらいたいです。かゆいといっていらっしゃる方の肌をみせてもらうために下着をめくるのですが、ほとんどの方がヒートテック・・・今日も3,4人に釘刺して置きました。

以上思いつくままに書いてみました。マスコミ(新聞、テレビ)ではぜったいに教えてくれないと思います。だって、大きなスポンサーですからね・・・・・。

2012年1月17日 (火)

超音波診断装置

エコー検査機器を新しくしました。前の機械をもう5年も使ったのかという印象です。初めの頃は整形外科でエコーを使っているDrがほとんどいなくて普及するのか疑問もあったのですが、今ではその有用性が様々な学会で発表されています。
考えてみれば、整形外科で扱う身体部分は筋肉、腱、神経、血管などエコーでよく見えるものが多いのです。骨に超音波が通らないのが残念ですが、今までMRIが必要だった診断がその場で出来ることもあります。そのためにより一層の自己研鑽をするように頑張ろうと思います。

2012年1月15日 (日)

脱原発国際会議に行ってみました。

 今日は横浜に行ってみました。子供達にはポスター展示はよくわからなかったようですが、外国からの展示があったりテレビカメラも来ていてすごい熱気でした。
 このままでいくと昭和生まれの我々が子孫に残すものは莫大な負債と高レベル核廃棄物ということになります。日本の物理学者は本当に日本の地層に数万年安定して貯蔵できると思っているのでしょうか。23世紀あたりの日本人にとっては、昭和生まれは最悪の世代に選定されること間違いなさそうです。
 現代科学でコントロールできないものを現在のエネルギー浪費のために後世につけて利用することを是とするのか。日本も民主主義国家なら賛成でも反対でも一回はきちんと投票して統計をとるべきなのではないでしょうか。
 という訳で原発都民投票の署名を当院でも集めてみることにしました。明日から当院の受付に署名用紙を置いておこうと思います。町田在住で選挙権がある年齢の方のみ署名可能です。また、ハンコか拇印が必要です。受付が忙しいときはきちんと説明などできないので午後の外来など手の空いているときにお願いいたします。

2012年1月14日 (土)

しもやけ

しもやけの季節がやってきました。

寒暖差がはげしかったり、非常に寒いと、ちらほらいらっしゃいます。

以前もしもやけのことを書いたような気もしますが・・

まず、寒さ対策。発熱する靴下など、高機能のあたたかい靴下(登山、スキー用など。スポーツショップに売っています)をはくことをおすすめします。

湿気のある靴下をはいて冷えるととたんにしもやけになります。

子供や乳児など、高機能靴下がない場合は厚めの靴下にして、ぬれてもしっとりしない毛の混じったものか、しっとりしたらこまめに履き替えるなどしましょう。

また、お風呂でしっかり暖める、お風呂に入れない場合は足湯もいいでしょう。

湯たんぽはいいのですが、必ず寝る前まであたためて、寝るときには出した方がいいでしょう。子供でも熟睡すると低温やけどの可能性があります。

低温やけどは治癒するのに最低1ヶ月以上要します。場合によっては(広範囲だと)植皮となります(つまり手術)。

手袋もスキー用がいいんですけどね。おしゃれじゃなくなっちゃいますけど。

それでもだめなら、また、治らないようなら皮膚科に受診してください。外用をはじめ、内服治療などもあります。ひどい方は・・・

2012年1月12日 (木)

たばこの功罪

たばこの害は皆さん意外としっているようで知らないことが多いと思います。

以前も触れたことがあったように思いますが、皮膚科の観点からすこし述べてみたいと思います。

皮膚科の病気でたばこと関係するものは結構あります。

膿が出る病気との関連です。膿が出る病気・・それは、掌蹠膿疱症、にきび、膿皮症などです。

掌蹠膿疱症は手、足に皮向け、膿が多発する病気です。女優の奈美悦子さんが有名でしょうか。この病気は関節症(胸のあたりの関節が痛くなる)も時に引き起こします。喫煙者に有意に多い印象をうけます(受動喫煙もありますが・・)

にきびは悪化要因といえるでしょう。ニキビがある方は喫煙するとさらに出やすい傾向にあります。(喫煙でにきびになるわけではないのですが)

膿皮症とは、臀部、鼠径部周囲にいたいしこりができたり、膿が出たりする病気です。これも案外喫煙者に多い印象があります。

美容では・・ビタミンCの不足により、肌の老化が早まり、肌の潤い、張りが失われ、年齢よりも老けてみられます。血行の悪化や、血液酸素飽和度の低下からか、顔色がくすんだ色になります。コラーゲン生成の抑制がかかり、たるみ、しわが増えます。

私は40歳以上で20本以上すっている方の顔をみたら、たばこのにおいが届かない遠くでも喫煙者であることがわかってしまいます。

顔色がわるく、唇が青色がかっており、しわが多いからです。

本人がやめたくてもやめられないならば、やはり値段を上げるしかないと思うのですが・・

若者がたばこをてにとることが難しいほどに。若い頃からの喫煙は非常に依存が高くなり、(中毒)やめがたいようですから。

たばこが日本で1000円程度にあげられない理由はあるのでしょうか。

おそらく、官僚、JT,その他その関連団体、外国のたばこ会社などの圧力があるのでしょうか。マスコミでさえも、必ずたばこを擁護します。マスコミはスポンサー、官僚のいいなりなのかと疑ってしまいます。

せめて、あげたたばこ税は特別会計ではなく、社会保障費に回してほしいと思います。

2012年1月11日 (水)

肌着は綿製品にしましょう。

乾燥のためのかゆい季節がやってきました。

以前から言われていることで皆さんもご存じな方多いとは思いますが、直接肌にふれる衣服は綿がいいです。

できれば、新しく買ったものは1回は洗濯してきてほしいものです。(ホルマリンの移染など)

しかし、最近はウォームビズ、エコの影響からあったか肌着を着る方が多くいらっしゃるように感じます。とくにこの診療所の近くにはユ○ク○があり、ヒー○テッ○を手に入れやすいためか、大勢いらっしゃいます。

下着をめくって肌の状態を見せてもらったときにこのような下着だったら必ず綿を着るようにアドバイスしています。

(この時期は本当は暖かくてなめらかな絹製品がいいのでしょうが、何せ高額なものでおいそれとすすめられません。)

すくなくとも体がこの時期かゆい方は保湿剤をぬったり、衣服洗剤をさらさや石けん洗剤などにするまえに衣服の素材チェックをお願いいたします。(ちなみに洋服の特に首回りのタグも硬い素材なら除去を、さらに裏返しにきて縫製部分のごろごろが肌に当たらないようにするとなおよいでしょう)

綿を着て、その上に暖かい衣服や軽いダウンなどを羽織ってウォームビズしてください。

2012年1月10日 (火)

肩関節の水

 関節に水が溜まるというと膝関節を思い浮かべる方が多いと思います。確かに膝関節にはよく水が溜まります。変形性関節症で関節内に損傷などがある場合、関節リウマチや痛風などの関節炎の場合によく溜まります。関節の水は注射器で抜いてもまた溜まってくることが多く、頻回の穿刺はお勧めしていません。ただ、多量の水が溜まり痛い場合や関節液の性状を確認する場合には穿刺することは有効です。
 40肩で肩関節に水が溜まる場合があるというと意外に思う方が多いと思います。肩関節の場合、多量に水が溜まっていないと外見からはわからず、自覚していない方がほとんどです。触診でもわかりにくいものです。超音波検査で観察するようになって肩関節にも水が溜まっている方が少なくないことがわかりました。上腕二頭筋腱の周囲に最もよく溜まり、そのほかにも腱板の上、関節の内部などいろいろな場所に溜まっています。
 上腕二頭筋腱周囲の水は正常の方でも存在することのあることがわかっています。ただ滑膜の増殖を伴っている場合や、腱板損傷の有無などを勘案して病的な水か判断しています。
また水が溜まっていると、関節リウマチや反応性関節炎など炎症性疾患の可能性が水がない場合と比べると高くなります。場合により血液検査などの評価も検討が必要です。

 

2012年1月 6日 (金)

皮膚科はいそがない患者さんが多いのです

痛いとか、熱がある、具合が悪い等と違い、皮膚科は基本的にかゆみや、外から見ての変化などが多い病気です。

そのためいそがない患者さんが多いのです。

予約制にしたため、ややばらける傾向になってきましたが、予約以外の患者さんの来る時間はたいてい11時以降です。

かゆみが強い、急に悪化したなどの急ぐ方は朝1番でいらっしゃいますが、9時から10時後半まで比較的すく傾向にあります。

冬などは寒いためなおさらです。いこうかな~と思って診療所に到着する時間が11時以降なのでしょうか。

冬はなんとなく11時過ぎると混んでしまう傾向にあります・・・。お待たせしてすみません。

2012年1月 4日 (水)

明日から診療いたします。

 明日から診療を再開いたします。今年は整形外科診療をしっかりするのはもちろんですが、プライマリケア機能をより担えるようにする、病院・介護施設など関係機関との連携をより強化できるようにすることを目標にしたいと思っています。
 日本の財政が危機的な状況のなかで、医療も節約して効率よい診療を心がけるようにしないといけません。時代の曲がり角に来ているのは医療の世界も同じです。ひとつずつ目標をクリアしていけるように努力していきたいと思います。

2012年1月 1日 (日)

持続可能型社会へ

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。今年は初めてニューイヤー花火を見て明けました。年始はいつも、今年はヤルぞ~という気持ちを持って過ごしています。

 今年はまず、しっかりした考えを定めないといけないと思います。とりあえず、うちも大量生産大量消費からの脱却、自然エネルギーへの転換をしようと思います。持続可能型の社会へ意識を転換して子供たちに豊かな未来が見える世の中にしていかないといけないと思います。

 そういう面で日本はもっとも適した国であるように思います。世界上位の森林面積、豊かな水、優秀な学者、高度な技術者など理想的な環境は揃っているはずです。後は意識改革のみではないでしょうか。

 今年も目標を定めて頑張ろうと思います。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »