2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 足の脈触れますか? | トップページ | 目の周りの皮膚炎 »

2012年1月25日 (水)

アトピー性皮膚炎の治療

最近ではアトピー性皮膚炎の治療はなるべく悪化させないという方法がよいとされています。

ずっと悪化させたままだと、その後に鼻炎、ぜんそくなどのアレルギーが惹起されるといわれています。いわゆるアレルギーマーチといわれるものです。

悪化させた皮膚はバリア機能が壊れており、アレルゲンも入りやすく、いろいろなものにアレルギーを獲得していくとも言われています。花粉など・・・。

そのため、すっかりなおるまではステロイドを継続して十分に塗る必要があります。漫然とぬるのはよくないのですが、赤みがなくなるまでは塗り続ける必要があります。

やめるタイミングは意外と皆さんはやいことが多いです。かゆみがなくなった時点で治っていると思う方が多いのですが、赤み、隆起がすっかりなくなるまではだめです。私の目からみると不十分な方が多いです。

また、治ったあとも悪くならないスキンケアが必要です。悪化させる化繊の下着や洋服の洗剤、シャンプーなどはさけ、乾燥するなら保湿が必要です。

また、悪化しやすいところは週に3回プロトピックをぬる、もしくは週に1,2回ステロイドをぬるという方法もあります。

塗り方、薬のやめ方、続け方は最初はわからないので、なれるまではしばらく通院していただくことが一番いい方法なのでしょう。

« 足の脈触れますか? | トップページ | 目の周りの皮膚炎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/43871626

この記事へのトラックバック一覧です: アトピー性皮膚炎の治療:

« 足の脈触れますか? | トップページ | 目の周りの皮膚炎 »