2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 黄砂による湿疹 | トップページ | 骨挫傷 »

2012年4月28日 (土)

痛風発作の根治的治療

 痛風発作は足の親指の根元が腫れると思っている方が多いのですが、意外と他の部位が腫れて来院される方も多いです。アキレス腱周囲や膝蓋骨周囲の滑液包などに発作を生じることもよくあります。
 痛風はイメージとしては肥満傾向で毎日晩酌している方に多いような気がします。発作自体は炎症を抑える薬を内服するかひどい場合は注射するかで大抵の場合は治まります。発作がおさまってからは尿酸値を低下させる治療を行うことが推奨されます。
 尿酸値を下げる薬をお勧めすると、「一度飲み始めると一生飲まないといけないから嫌。」という方がよくいます。しかし、一概にそうとも言えません。
 晩酌をやめて食事に気をつけてダイエットをすることで自然に尿酸値が下がる方も少なくありません。そんなの無理と思われるかもしれませんが、痛風を繰り返しても晩酌をやめられないのは大人としてどうなのかと思いますが、アルコール依存になっている可能性もあり専門医受診も含め検討が必要です。
 標準体重になって食事のバランスもとれているのに尿酸値が下がらない場合は、体質的に薬をやめるのが難しいかもしれません。他に尿酸値の上昇する疾患がないか、薬剤性などでもないか、将来的な動脈硬化、心筋梗塞などのリスクもよく検討して服薬を継続するべきかどうか相談が必要です。

« 黄砂による湿疹 | トップページ | 骨挫傷 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/45061286

この記事へのトラックバック一覧です: 痛風発作の根治的治療:

« 黄砂による湿疹 | トップページ | 骨挫傷 »