2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 顔のひっかき傷について | トップページ | はちに刺されたとき »

2012年5月29日 (火)

暑熱馴化

 これから夏になり暑くなってくると熱中症が心配になってきます。最近は高齢者の屋内での熱中症も問題になってきており、対策が必要です。熱中症というのは高温になって体温調節機能の破綻した結果、脳や肝臓、腎臓や血液凝固系など全身の様々な臓器が障害され死亡することもある危険な疾患です。
 一方、対策をしっかり行えば100%予防できるはずの疾患でもあります。気温が高いことに注意するだけではなく、湿度や衣服、風の流れ、水分摂取など様々な点に注意が必要です。
 季節としては急に暑くなった時が危険と言われています。人の体は徐々に暑さに晒されると順応する能力を持っています。暑さに慣れていないと汗をかくときに塩分の再吸収が弱く、ジトッとした汗になります。暑さに慣れてくると、塩分の排出が少なくなりサラサラした汗をかくようになります。こういう変化を暑熱馴化というそうです。
 今の時期から少しずつ運動したり外出して汗をかくようにしておくとよいのではないかと思います。

« 顔のひっかき傷について | トップページ | はちに刺されたとき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/45453995

この記事へのトラックバック一覧です: 暑熱馴化:

« 顔のひっかき傷について | トップページ | はちに刺されたとき »