2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 暑熱馴化 | トップページ | 高齢者の急性腰痛 »

2012年5月30日 (水)

はちに刺されたとき

刺されたときは慌てず、自分の状態がどうであるか冷静に観察してください。
初めての場合は基本的には虫さされと同じですので、痛いようなら冷やしたタオルなどで冷やして、腫れてくるようなら皮膚科を受診してください。ステロイドの外用と抗アレルギー剤の内服の治療になります。
2回め以降の場合も基本的に全身状態がかわりなければ上記の治療になります。
スズメバチなど大型の蜂に何カ所も刺された場合や、以前もスズメバチに刺され、今回が2回目以降の場合などはアナフィラキシーという状態になることがあります。
(小さな蜂でも場合によっては起きたりしますが、まれです。)
全身にかゆい発疹がでてきたり、血圧が下がって意識がもうろうとしたりする場合は一刻も早く救急車を呼んでください。病院に受診し、点滴など、救急の対応が必要になります。
ちなみにミツバチは皮膚に針がのこりますので、除去しましょう。

蜂にさされて受診される方が増えてきました。蜂にはご注意ください。

« 暑熱馴化 | トップページ | 高齢者の急性腰痛 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/45469131

この記事へのトラックバック一覧です: はちに刺されたとき:

« 暑熱馴化 | トップページ | 高齢者の急性腰痛 »