2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« リウマチ月間 | トップページ | 消費税 »

2012年6月26日 (火)

safe position

 手指MP関節(先端から数えて3番目、指の股より手前の関節)周囲の外傷の場合、骨折を伴っている場合にはギプスをすることもあります。テレビで手首から指まで一直線に固定されているのを見ると、これは整形外科医が処置したのではないなと思います。
 手指も固定すると関節の動きが一時的に悪くなります。これを拘縮と言いますが、拘縮した位置から回復するのに容易に回復する位置と回復しづらい位置があります。回復しやすい位置のことをsafe positionと言いますが、第1、第2関節は伸展位、MP関節は屈曲位がsafe positionとなります。
 つまり、第1、第2関節は伸展位に固定してリハビリとして屈曲させるのが比較的容易で、MP関節は屈曲位で固定してリハビリとして屈曲させるのが比較的容易です。逆の位置で固定すると拘縮した場合になかなか回復せず、後遺障害として可動域制限が残ってしまうことがあります。
 手首から指先までまっすぐ固定すると、MP関節が伸展位で硬くなってしまう恐れがある訳です。最近は整形外科医がこの位置で固定して後遺障害が残った場合訴訟になることも考えられるため、基本的にはありえないと思います。
 固定中は少し窮屈な位置かもしれませんが、固定終了後はスムーズに動くため我慢していただくしかないかもしれません。

« リウマチ月間 | トップページ | 消費税 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/45886678

この記事へのトラックバック一覧です: safe position:

« リウマチ月間 | トップページ | 消費税 »