2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« とびひはやってきました。 | トップページ | 主婦湿疹は治りにくい! »

2012年7月11日 (水)

放散痛

 痛みの原因があるところが必ず痛いと話が早いのですが、実際は原因部位と痛む部位が違うことはよくあります。
 この場合、神経が圧迫されたりしてその神経の支配領域に疼痛を感じる神経痛と、神経支配ではやや説明がつかない放散痛とがあります。神経痛の場合、解剖学的にどの神経が障害されているかを考えてそれに対応した治療を行います。一方放散痛の場合は、経験的にどこから疼痛を生じているかを考えるしかありません。
 小児で明らかな外傷などの原因がなく膝が痛いと言ったら、股関節からの放散痛をまず考えます。上腕外側が痛い場合は肩関節に原因がないかどうかをまず考えます。脊椎の圧迫骨折でも、骨折部位よりだいぶ下の方が痛くなることが多いです。
 腰痛や下肢痛の場合はやはり腰椎からの疼痛をまず考えるのですが、股関節に原因があるのに股関節の疼痛は訴えず、腰痛や坐骨神経痛とそっくりな下肢痛を生じることがあります。これには我々整形外科医もかなり悩みます。最近は変形性関節症の前段階というか、若い年齢層の股関節疾患でもある股関節のインピンジメント症候群が注目されていることもあり、股関節疾患もしっかり診断しないといけません。
 ポイントはあぐらをかけるかどうか、股関節を回旋できるかどうかかなと思います。荷重してもあまり股関節が痛まなくても、可動域が減ってくることがあります。診察のときに極力チェックするようにしていますが、股関節が動かしづらくなっていないかどうか注意してみるとよいと思います。

« とびひはやってきました。 | トップページ | 主婦湿疹は治りにくい! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/46293413

この記事へのトラックバック一覧です: 放散痛:

« とびひはやってきました。 | トップページ | 主婦湿疹は治りにくい! »