2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 平穏死 | トップページ | 冬に気をつけるスキンケア »

2012年11月28日 (水)

種子骨骨折

 種子骨というのは、関節の近くを通る腱の部位にある骨で関節が伸びたり曲がったりして腱が動く時の滑車の働きをしています。

 足の親指(母趾)の根本の関節(MTP関節)が痛いと、痛風ではないかということで来院される方が多いのですが、種子骨の問題のことも時々あります。母趾のMTP関節の足底側が痛いということで来院された場合、炎症を起こしている方と外傷性の方がいます。典型的には部活で陸上競技やジャンプをよくする競技をしている中高校生くらいでこの部位が痛いという場合です。種子骨を押すと痛みを生じます。レントゲンとエコーで種子骨が骨折していることを確認するのですが、二分種子骨といってもともと分離している方もいるので、左右の母趾で比較したりして検討します。
 治療としては部活などをしている場合は骨が安定するまでは荷重をかける練習は控える必要があります。アーチサポートや足底板を挿入して負荷を減らすのも有効と思います。無理さえしなければ順調に治っていくことが多いのですが、そのままガンガンに練習して骨破壊が強くなったり治りが悪い場合は手術が必要となることもあります。最近スポーツ選手に休めと言っても聞いてくれないので、調整メニューにしてくださいと言うようにしています。トッププロなどが故障すると故障者リストに登録されて治療とリハビリを行うのがよく報道されているので、調整メニューにするように話すと理解してもらえる可能性が少し上がるように思っています。

« 平穏死 | トップページ | 冬に気をつけるスキンケア »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/48014102

この記事へのトラックバック一覧です: 種子骨骨折:

« 平穏死 | トップページ | 冬に気をつけるスキンケア »