2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 横突起骨折 | トップページ | 許容範囲 »

2013年1月31日 (木)

アトピー性皮膚炎のケア

今は乾燥の季節で、なおかつ杉花粉がとび、顔がかゆくなりやすい時期です。
肌の乾燥がつよいアトピーの方はわるくなりやすい時期なのです。
しかも、寒い時期です。つい寒いからといって化繊の下着(最近はやりの暖かいもの)やタイツ、毛のマフラーなどなど使いがちです。
やはりこれはかゆくなります。すくなくとも肌に触る部分には綿をえらぶようにしましょう。
入浴時には湯船の温度は40度ぐらいまでとし、芳香剤の入った入浴剤は避けましょう。保湿系の入浴剤は使ってもよいと考えます。
体は冬はすくなくともシャンプー、せっけんは使わず、お湯のみで手で洗いましょう。ナイロンタオル、浴用タオル、スポンジは使わないようにしましょう。じゅくじゅくした場所があり、感染が気になる場合には低刺激性のせっけんを使いましょう。(殺菌剤の入ったせっけんは肌が荒れます)
洗濯の際にはできれば過敏肌用の洗剤をつかってください。さらさやアラウ、ミヨシの洗濯洗剤がおすすめです。冬場はとくにこのような洗剤を使うといいと考えます。
お風呂上がりにやさしくタオルドライし、その後軟膏を指示通りにぬり、その上から保湿剤をぬりましょう。保湿剤はできれば冬は2回ぬるといいでしょう。
すこし気をつけることで、薬の量が減らせたり、受診しなくてすみます。

« 横突起骨折 | トップページ | 許容範囲 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/49078107

この記事へのトラックバック一覧です: アトピー性皮膚炎のケア:

« 横突起骨折 | トップページ | 許容範囲 »