2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 日光皮膚炎 | トップページ | 整形外科学会 »

2013年5月30日 (木)

しみについて

年齢を重ねるにつけ、顔にでてくるもの。
そのひとつにしみ、いぼがあります。
世の中にはいろいろな美白化粧品があり、皮膚科にもそれを治したいとのことで受診なさる方もいます。
私たち皮膚科医がしみをみる際に一番気をつけていることがあります。
やはり、悪いもの、癌を見分けることです。
一見、しみにみえたり、老人性のいぼに見えるものでも、悪い場合があります。
しみをとりたいとのことでいらっしゃったとしても、よく観察します。
本来の主訴ではない場所に皮膚がんがあることも少なくありません。
今年に入って、何人か大きな病院に紹介いたしました。
しみがあるということは、日光、紫外線に皮膚をさらしていた結果であり、皮膚の障害を受けていることです。
突然できた、もしくは以前からあるが、変化してきたもの、ちくちく、ひりひりするなど不快な自覚症状があるもの、月単位で大きくなるものなど、気になるしみ、いぼがあったら受診したほうがよいこともあるようです。

« 日光皮膚炎 | トップページ | 整形外科学会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/51837194

この記事へのトラックバック一覧です: しみについて:

« 日光皮膚炎 | トップページ | 整形外科学会 »