2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 60歳代の圧迫骨折 | トップページ | 10年前のシャープペンの芯 »

2013年10月31日 (木)

ナローバンドUVB照射機械が11月8日から当院に導入されます。

一般的な治療法を行っていてもなかなかかゆみが改善せず治らない方は少なからずいます。私としてもなかなか外用の量が減らない患者さんに対してさらなる治療があるなら・・と思い、とうとうナローバンドUVB照射機械を入れることにしました。

ナローバンドUVBは中波長紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長(311±2nm)の紫外線で、この波長の紫外線が乾癬に有効であることが研究でわかっていました。そして治療効果の高い波長帯域を研究したところ、313nmが最も副作用の紅斑がおこりにくい波長とわかりました。海外ではすでに一般的な紫外線治療ですが、日本ではまだまだ普及していません。

効果があるのが乾癬、アトピー性皮膚炎、尋常性白斑(皮膚が白くなる病気)、菌状息肉症(皮膚のリンパ腫)、結節性痒疹(かゆいぶつぶつのできる皮膚疾患)です。
外用のみでコントロールが難しいもしくは改善されない例に対して併用することにより改善が見ることが明らかになってきています。
当院のナローバンドUVBの照射は外用療法、内服療法をつづけているのに改善しにくいという患者さんに行います。週2,3回から2週に一回の頻度で通常1,2分から長くても数分です。大型の3面鏡のような形で、紫外線が照射される機械です。立位で(立ったままで)前面、後面を照射します。

長期の副作用として、日光でもいわれておりますが、紫外線による皮膚の発がんです。しかし、欧米で長期に渡る研究結果、日本でのデータから心配は少ないということになってきているようです。皮膚癌の確率が上がらないとされる照射の限度は1000回、総照射量400J /㎠というところのようです。発がんのリスクに関してはまだ不明な点もありますが、ブロードバンドUVBと同等前後のリスクもしくはそれより少ないと考えられています。小児(10歳以上)や妊婦にも使用可能とされています。

短期の副作用としては皮膚の赤み、色素沈着(いわゆる日焼け)、ほてり、ヤケドなどがありますが、照射が短時間のため、ほかの紫外線療法よりも起こしにくいと考えられています。
照射中には陰部で感受性が高いことからパンツを着用し、目にゴーグルをかけます。照射によって皮疹が消えたところには順次下着やタオルで覆い、皮疹の残った患部に限って照射を続けるようにします。

ナローバンドUVB療法で期待できることは
1.外用する薬の量が少なくてすむようになる、2.照射をして改善が見られた場合に再発までの期間が長くなる、3.比較的早期からかゆみが減ってくる(アトピーなどの場合)
です。

スタンダードな治療法に加え、さらなる治療を加えるという一の治療法です。
一度皮膚科医にご相談ください。

« 60歳代の圧迫骨折 | トップページ | 10年前のシャープペンの芯 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/53782110

この記事へのトラックバック一覧です: ナローバンドUVB照射機械が11月8日から当院に導入されます。:

« 60歳代の圧迫骨折 | トップページ | 10年前のシャープペンの芯 »