2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ナローバンドUVB照射機械が11月8日から当院に導入されます。 | トップページ | 介護ストレス »

2013年11月 1日 (金)

10年前のシャープペンの芯

 シャープペンの芯を指に指してしまったことがある方は少なくないと思います。時々刺さってしまい来院される方もいます。シャープペンの芯は刺さっていても化膿したりしにくい素材です。刺さっていても腫れたりせず、そのままになることも少なくありません。

 先日、10年以上前に刺さったままで過ごしてきて最近痛くなったという方が来院されました。エコーで見ると確かに5mmくらいの細長い棒状の物が指先の皮下深くに埋まっていました。麻酔して切開すると、きれいにそのままのシャープペンの芯が出て来ました。5mmもあってよく折れずに10年も経過したものです。周囲の皮下脂肪に少し黒い色が付いていましたがほとんど免疫反応もありませんでした。
 木片が刺さるとほぼ必ず化膿しますが、ガラスや炭素系の芯はそのままになってしまうことがあります。この反応のなさを逆に生体材料として何か使えないものですかね。
 

« ナローバンドUVB照射機械が11月8日から当院に導入されます。 | トップページ | 介護ストレス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/53796731

この記事へのトラックバック一覧です: 10年前のシャープペンの芯:

« ナローバンドUVB照射機械が11月8日から当院に導入されます。 | トップページ | 介護ストレス »