2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 感染症のはやる時期にはやる皮膚疾患 | トップページ | 上殿皮神経障害 »

2014年1月27日 (月)

皮脂欠乏性湿疹の患者さんが以前より減ったかもしれません

毎年皮膚科に冬になるとくる中高年の方が大勢いらっしゃいました。
ごしごし洗わないようにとだけいい、保湿剤や湿疹のところに関して弱いステロイドなどを出していました。
去年から本格的に石けんをやめてもらい、シャンプーをやめてもらい(もしくは低刺激性のシャンプーにしてもらい)、綿を着るように徹底的に指導しました。(最近はやりの化繊保温下着例えばヒート○ックなどをやめるようにいいました)
来院する患者さん全員に言う勢いで(去年は口が疲れました)・・・
今年は毎年着ていた患者さんで来ない方が増えたような気がします。また、来院されたとしても、来院回数がぐっと減りました。
整形外科でいらっしゃっているので、患者さんが他の病院に行っているわけでもなさそうです(^0^;)。
たまにいつもいらっしゃった患者さんが整形のリハに来院している際、どうですか?と訪ねると、やはり、せっけんをやめてかゆくなくなったと・・・・。

せっけんを使わなければ、せっけんを買うこともない。シャンプーもです。もちろん浴用タオルもいりません。風呂場に必要なのは風呂桶と湯船のみ。江戸時代の風呂場ですねー。

しかも、水を汚さないからエコ。省エネにもなります(水を使う量が減る。汚水の処理に電気を使わなくてもすむ)

これは企業からは決して勧められる状態ではないですね。儲からないですから。マスコミもこのことを取り上げることはないでしょう。スポンサーがいますから。

なかなか世の中本当に難しいです。

« 感染症のはやる時期にはやる皮膚疾患 | トップページ | 上殿皮神経障害 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/54764151

この記事へのトラックバック一覧です: 皮脂欠乏性湿疹の患者さんが以前より減ったかもしれません:

« 感染症のはやる時期にはやる皮膚疾患 | トップページ | 上殿皮神経障害 »