2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« いじわる爺さん | トップページ | 帯状疱疹がはやるとき »

2014年4月11日 (金)

小学1年生の1学期

新年度が始まり、小学校の給食も始まりましたね。この時期は毎年、小学生の肘や手首の骨折が多いものです。特に小学1年生は、大きな校庭でダイナミックに遊ぶようになるからか骨折することが多いように思います。

 若木骨折というヒビのような骨折から完全に脱転した骨折まで重症度の幅は広く、短期間のシーネ固定から手術的な固定まで治療方法は一人一人異なります。幸い子供の骨折は治りもよいことがほとんどで、骨も数週間で固まって来ますが春に運動会の学校では間に合わないこともあります。
 ピッカピカの1年生にはなんとか1学期を無事に乗り切ってほしいものです。ただ、もし骨折してしまってもあせる必要はありません。大抵すぐに元気になりますから。ちなみに私は年長の時に手首を骨折して運動会に出られませんでしたが、今では悪い思い出でもありません。

« いじわる爺さん | トップページ | 帯状疱疹がはやるとき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/55740495

この記事へのトラックバック一覧です: 小学1年生の1学期:

« いじわる爺さん | トップページ | 帯状疱疹がはやるとき »