2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 日光過敏性皮膚炎 | トップページ | プライマリケア認定医 »

2014年5月22日 (木)

みずいぼ

なんとなくちらほらみずいぼになってくる方が増えてきました。
というより、以前からあったのだけど、そろそろプールだし気になる・・・のでしょうか。
町田市の保育園や幼稚園ではみずいぼがあってもプールに入ってもよいことになっています。
タオル、ビート板などを共用しなければいいのです。
また、水いぼは自然治癒します。(半年から2、3年かかりますが・・・)
しかし、以前にも書きましたが水いぼはどこまででも増えます。顔にでることもあります。
また、水いぼの周囲が赤くなりかゆくなること(治る反応であることも多い)もあります。かゆくてかきむしることもあり、その際消えるところもあれば広がるところもあります。
水いぼのところに湿疹ができても、なるべくステロイドは使わないほうがいいでしょう。水いぼが治る反応を抑え、逆に水いぼがひろがってしまいます。
水いぼをかきむしると、じゅくじゅくして二次感染がおき、とびひになることもあります。
ほうっておくという手もありますが、それなりの覚悟が必要です。
皮膚科では麻酔のテープを貼って摘除したり、漢方薬を服用したりして治療します。
ほうっておくと決めたのにみずいぼが広がってきて不安だという方は一度皮膚科を受診してはいかがでしょうか。
ちなみに水いぼは子どもの病気ですが、ときどき親御さんにうつることもあります。気になるようなら治療します。

« 日光過敏性皮膚炎 | トップページ | プライマリケア認定医 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/56278642

この記事へのトラックバック一覧です: みずいぼ:

« 日光過敏性皮膚炎 | トップページ | プライマリケア認定医 »