2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 自分の肩に石灰が | トップページ | 棘間靭帯炎 »

2014年8月30日 (土)

テープ固定と縫合

切り傷に対する治療法には大きく分けて縫合とテープ固定とホチキス固定があります。最近はできるだけテープで固定するようにしていますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

 縫合は麻酔をしてナイロン糸などで縫う方法ですが、一番のメリットは傷の閉鎖が確実なことです。縫合後はガーゼがとれても傷が濡れても創部が開くことは基本的にありません。傷跡が残るのではないかと思う方もいると思いますが、張力を適度にすれば横糸の傷跡が残ることは通常ありません。デメリットとしては麻酔が必要なことと抜糸が必要なことかと思います。
 ホチキスによる固定は大きな手術後では体幹部や四肢でも行うことがありますが、ホチキス針の跡が残ることがあり、診療所レベルでは基本的に毛髪があり傷跡が問題にならない頭部でしか使いません。麻酔は必要なく、すぐに処置が終わるのがメリットです。
 テープ固定は、切り傷専用のテープを用いて固定する方法です。メリットは麻酔も必要がなく痛くもないということです。しっかり閉創できれば一番よい方法だと思います。デメリットとしては濡れたりするとテープがとれて傷が開く可能性があります。固定後48時間くらい接着力が強まるため、少なくとも翌日までは濡らさないように注意が必要です。擦り傷を伴ったような傷ですと、浸出液で剥がれてしまうこともあり適応にならないこともあります。小さな子供ですと自分で剥がしてしまうこともあります。
 最近は縫合して出血や感染の心配の少ない傷の場合は、自宅で処置できれば翌週の抜糸の時に来院していただくようにしています。つまり多くの場合受診が受傷時と抜糸の時の2回で済みます。テープ固定ですと受傷後翌日はできればテープがしっかり固定できているか確認するために来院していただくことが多いです。その後も浸出液などが生じていれば時々診察が必要な場合もあります。なので忙しくて基本的に仕事や学校を休めない方は縫合した方がよいかもしれません。調理師や美容師など水を使う仕事をする方の手の傷も縫合した方が安全です。
 基本的にどの方法にするかは創部の状態により、選択の余地がない場合も多いのですが、創部以外の要因も考慮する必要があります。

« 自分の肩に石灰が | トップページ | 棘間靭帯炎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/57223680

この記事へのトラックバック一覧です: テープ固定と縫合:

« 自分の肩に石灰が | トップページ | 棘間靭帯炎 »