2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 乳児の保湿剤はアトピーの発症率を3割減らせる。 | トップページ | 虐待勉強会 »

2014年10月27日 (月)

季節の変わり目のかゆみ

季節の変わり目は肌がかゆくなることが多いと思います。
喘息なども置きやすい時期ではないでしょうか。
原因としてはおそらく、気温の変わりやすい時期であるため、気温差、この時期なら急に乾燥してくるなどが考えられます。また、この時期に飛ぶ雑草花粉でもアレルギーの方は結構多く、肌に花粉がついてかゆくなることも多いでしょう。
しかし、もう一つ忘れがちなのは、衣替えです。
急にさむくなると、半年しまいこんでいた布団、毛布などをひっぱりだして使います。
また、冬服も基本は洗わず、そのまま着るでしょう。
しかし、半年間しまったままの服は埃っぽく、ダニも増えている可能性が高いのです。
この間来院された患者さんが、服がひと回りしたらかゆくなくなったとおっしゃった方がいました。
久しぶりの服がほこり臭かったり、くしゃみがでそうな感じがしたら、一回洗ってから着る方が、かゆくないかもしれませんね。
布団や毛布は花粉に注意して干すといいかもしれません・・。(もう時期的に遅い情報ですが・・・)

« 乳児の保湿剤はアトピーの発症率を3割減らせる。 | トップページ | 虐待勉強会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/57802672

この記事へのトラックバック一覧です: 季節の変わり目のかゆみ:

« 乳児の保湿剤はアトピーの発症率を3割減らせる。 | トップページ | 虐待勉強会 »