2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 子供の可動域制限 | トップページ | 乳児の保湿剤はアトピーの発症率を3割減らせる。 »

2014年10月15日 (水)

季節外れのむしさされ

最近、むしさされで受診される方が、一日に数人はいらっしゃいます。
むしさされというと、夏を思い浮かべる方もいらっしゃいますが、むしさされはまだまだ続きます。
秋は暖かい日があると12月でも刺される方がいます。何の虫刺されかというと、蚊、です。
春は3月からでも刺される方がいままでいらっしゃいました。
季節外れの蚊は腫れます。子孫をのこすため必死なのか、何箇所もさされることもよくあります。
気づかないうちにさされることが多いため、いきなり赤いしこりのように何箇所も腫れるとびっくりして受診されるのです。
このような状態になる虫刺されは意外と治りにくく、しばらくしっかりステロイドを外用する必要があります。
”これはむしさされです”というとにわかにホッとする方が多いのですが、薬はだしています。

« 子供の可動域制限 | トップページ | 乳児の保湿剤はアトピーの発症率を3割減らせる。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/57689418

この記事へのトラックバック一覧です: 季節外れのむしさされ:

« 子供の可動域制限 | トップページ | 乳児の保湿剤はアトピーの発症率を3割減らせる。 »