2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 砂糖をとらないようにするとかゆみが減る? | トップページ | 日本食の弱点 »

2015年1月28日 (水)

医療を警察に例えると

 日本の医療制度はどこへ向かおうとしているのか。少し先が読めない部分があります。少なくとも理想へと向かっている訳ではない気がします。
 日本の医療を警察組織に例えてみると、そのおかしさが少し分かるかもしれません。診療所は交番、総合病院は警察署で、開業医はお巡りさん、病院の専門医は刑事さんという役回りになるかと思います。
 今の日本の医療では多くの市民が安定した疾患や軽症の急病でも基幹病院の専門医を受診していますが、これを警察組織に例えると迷子や忘れ物の件でも警察署に行って刑事さんに頼むのと同じようなことです。刑事さんに直接頼めますか?警察署の待合がごった返していて3時間待ちで3分対応だったら事件を解決できるでしょうか。
 最近、「病院には3ヶ月分の薬をもらいに行くだけだから困ったことは診療所で相談するわ。」とか「今までは元気だったから病院に通えたけれど、病院に1日かけて行くのはつらくなってきたから診療所で診て。」とか言われることが増えているように思います。これも言い換えると「簡単なことは刑事さんにお願いするけど、困ったことがあったらお巡りさんに相談するわ。」とか「今までは大したことなかったから刑事さんの所に相談しに行っていたけれど、つらくなってきたからお巡りさんが相談に乗って。」という感じになります。
 メディアに登場するような有名な名医と言われる先生に受診希望をする場合は、それは七曲署の山さんに依頼するくらいの事案なのかと考えてみるといいかもしれません。
 総合病院は本当は重度な疾患や救急に集中できる状態にしていかないといけないのではないかと思います。一方診療所は交番のように身近なさまざまな問題に対応できるようにしていかないといけないのではないかと思います。
 それとも現在の日本の方針のように、早期から警察署の刑事さんに相談することを推進する方向性が制度的にも財政的にも優れているのでしょうか。

« 砂糖をとらないようにするとかゆみが減る? | トップページ | 日本食の弱点 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/58738877

この記事へのトラックバック一覧です: 医療を警察に例えると:

« 砂糖をとらないようにするとかゆみが減る? | トップページ | 日本食の弱点 »