2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 半月板のう腫 | トップページ | 新しい診療所の形へ »

2015年3月26日 (木)

ポリファーマシーとポリドクター

最近ポリファーマシーという言葉をよく聞きます。要するに薬を多く飲み過ぎてはいけないというメッセージです。年齢とともにどうしても持病が増えていきます。それぞれの疾患に対して最もよい治療をしようとすると内服する薬はどうしても増えていってしまいます。多数の薬を飲むこと自体が予後を不良にするという報告もあり、内服する薬はなるべく制限していかないといけません。
ポリファーマシーになってしまう一番の原因は実はポリドクターにあるのではないかと思います。高血圧は循環器内科専門医、糖尿病は内分泌内科専門医、その他にも消化器内科、整形外科、皮膚科、眼科などなどそれぞれの病院でそれぞれの専門医を受診すると、専門医としては最高の治療をしようとするためにあっという間に10種類以上の薬になってしまいます。
持病が一つか二つくらいの若い年代の方はそれで良いと思いますが、特に後期高齢の年代の方でいくつも病気をがあるような場合にはどの疾患を重点的に治療してその他の疾患はほどほどのコントロールにするといった配慮が重要になってきます。実は専門性の高い医師ほど、自分の分野の薬をほどほどにするということには抵抗があるものです。その辺は診療所で働く医師として配慮していかないといけないなと思います。
鎮痛剤を頓服している方や湿布だけ希望される方には、かかりつけの内科の先生に一緒に処方してもらっても良いですよと言うこともあります。ここに来てはダメということですか?と怒られることもありつらいのですが、そうではなくて専門的な診察が必要な時に来院していただき安定している時には受診する医師をまとめた方が患者さんにとっても国にとっても体にもお財布にもやさしいですよということです。
物忘れも心配になってきた、介護保険の申請も検討したい、いろいろな病院を受診する元気がなくなってきたという年代になったら、少し考えた方が良いと思います。

« 半月板のう腫 | トップページ | 新しい診療所の形へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/59417794

この記事へのトラックバック一覧です: ポリファーマシーとポリドクター:

« 半月板のう腫 | トップページ | 新しい診療所の形へ »