2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ポリファーマシーとポリドクター | トップページ | むしさされ »

2015年4月 1日 (水)

新しい診療所の形へ

 本日から当院の内科医師が常勤となりました。生活習慣病や風邪などの内科疾患、外傷や関節リウマチ、骨関節疾患などの整形外科疾患、褥瘡やアトピー性皮膚炎などの皮膚科疾患をそれぞれ専門医が担当する診療所というのはあまりありません。エコノミストが考えれば、それぞれ別の診療所にしてメディカルモールにした方が収益が上がると言うでしょう。しかしそれは患者さんにも国のためにも望ましい道ではないと思います。

 これから医療費や介護費用の自己負担が増加したり年金が目減りしたり何かと厳しい時代になっていきます。医療費や介護費用も節約していかなければならない世の中です。そういう時代にも、医療機関が前向きに対応していかなければいけません。安定している方には長期処方にしたり、血液検査などの項目も各科で集約してなるべく検査回数を減らしたり、一つの疾患や外傷でなるべく長期に通院しなくてもよいように治療していきたいと思います。
 かかりつけ医として、5年、10年、さらには数十年通院している方が通院困難になったとしてもそのまま在宅診療へ移行していけるようにしていきたいと思います。専門医療だけではなく、在宅医療だけでもなく、真のかかりつけ医療機関を目指していくのがひとつの理想的な診療所なのではないかと思っています。
 まだまだ最初の一歩ですが、各科で補完しあって少しでも地域の役に立つ場所に育てていただけますと幸いです。

« ポリファーマシーとポリドクター | トップページ | むしさされ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/59490464

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい診療所の形へ:

« ポリファーマシーとポリドクター | トップページ | むしさされ »