2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 有名な先生への紹介 | トップページ | ジェネリック薬の落とし穴 »

2015年5月11日 (月)

脂肪のかたまり(粉瘤)

体のあらゆるところにできる皮膚の下にできるできものです。良性の腫瘍で癌ではありません。最初は小さくて、中心に黒い点があり、押すとくさい臭いのする油かすのようなものがでてきたりします。そのうち、徐々に大きくなり、そのあぶらかすのようなものがでてこれなくなることもあります。

この時点で痛くもかゆくもないので放っておく方は結構いらっしゃいます。

しかしそのうち、無視できなくなるほど大きくなったり、時には数日で急に腫れだして赤くなり、痛み出したりします。中心が崩れて膿がでてくることもあります。
こうなってくると痛くてつらいのではじめて病院へいらっしゃいます。

膿や中の袋が出きらないと治らないため、切開して膿と袋を可及的に押し出します。

脂肪の塊つまり、粉瘤はこのような経過をたどります。徐々に大きくなるか、いつか化膿して爆発するかどちらかです。

ある程度大きくなったら化膿する前に麻酔して切除してとってしまうほうが、結局傷も小さくですみますし、一回で治療が終わります。

化膿して切開した場合、一部の袋が残ってしまうこともあり、一旦おちついてもまた袋ができてきて、そのうち化膿してくることもよくあります。

痛くもかゆくもなくてもなくならない皮膚のコブは受診されるといいかもしれません。

« 有名な先生への紹介 | トップページ | ジェネリック薬の落とし穴 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/59958550

この記事へのトラックバック一覧です: 脂肪のかたまり(粉瘤):

« 有名な先生への紹介 | トップページ | ジェネリック薬の落とし穴 »