2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 副甲状腺製剤使用後 | トップページ | 整形外科医の聴診器 »

2015年6月27日 (土)

股関節疾患による坐骨神経痛

坐骨神経は腰椎から出て殿部、股関節の背中側を通り大腿の背側を下りていきます。なので坐骨神経痛というと、殿部から大腿背側へ放散していく痛みやしびれを指します。下肢の前方の痛みや下肢全体の痛みは神経系統から言うと坐骨神経痛とは言えません。

 坐骨神経痛の原因としては当然腰椎疾患が最も多いです。腰椎での脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、すべり症、腫瘍などなど様々な原因で坐骨神経痛を生じます。なので我々専門医でもどうしても腰椎疾患を想定してしまいがちです。そんな中で頻度は少ないものの、腰椎より下流での神経障害もあります。殿部での通過障害として梨状筋症候群などがあり、殿部での神経腫などもあり得ます。早期のパーキンソン病のような神経内科的疾患でも坐骨神経痛のような下肢背側の不快な症状を呈することもあります。
 ひとつ注意が必要なのは、股関節疾患でも腰椎疾患と同じような坐骨神経痛を生じることがあるということです。症状からは腰椎疾患と区別がつかないこともあります。腰椎の所見を取り、腰椎のレントゲンやMRI検査を受けると腰椎にも所見が発見されそれが原因と診断されてしまうことも少なくありません。中には腰椎の手術を施行されてから良くならないことで、他の原因を検索され股関節の疾患が診断されることもあります。これは脊椎専門医でも起こることがあります。忙しい外来で、それこそ3時間待ち3分診療だと十分な鑑別診断ができないこともあるからです。一箇所の病院で診断できず次の医師が診断したからと言って、後出しジャンケンと同じで後で診察した医師の診断技術が高いという訳でもないかもしれません。
 股関節疾患による坐骨神経痛を疑うには、簡単なところではあぐらをかきづらいとか歩行時体重をかけると痛いとか靴下を履いたり爪を切ったりするのがつらいといったことがあれば注意が必要です。

« 副甲状腺製剤使用後 | トップページ | 整形外科医の聴診器 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/60537940

この記事へのトラックバック一覧です: 股関節疾患による坐骨神経痛:

« 副甲状腺製剤使用後 | トップページ | 整形外科医の聴診器 »