2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« すべすべがいいのでしょうか | トップページ | 爪噛み癖を止めるヒント »

2015年9月28日 (月)

戦後の裁判官

 戦後の混乱期、「闇米は食べない。」と言って餓死した裁判官がいたという噂を聞いたことがあります。子供心にその狂おしいばかりの正しさに惹かれました。当時自分が生きていたら法のために餓死しただろうか。それは今でも自分に問いかけます。
 同じ時期、闇市での商売に成功し今の大企業への礎を築いた人もいます。それは人として正しく現実に目指すべき道なのだと思いますが、どうにも自分の心にはひっかかりません。
 世の中枢にいる人間に彼の裁判官の血が少しでも受け継がれていれば今とは異なった世界になっていたことでしょう。しかし古今東西受け継がれるのは闇市で成功する人間の血です。それはどうすることもできない現実なのでしょう。
 現代社会は戦後の混乱期に似ているような気がします。今回もやはり人は拡大発展する道を選ぶようです。世界中で人間の欲が暴発して人々の心が軋んでいるような現世において、自律自戒を極め世を善へと向かわしめる可能性はないのでしょうか。

« すべすべがいいのでしょうか | トップページ | 爪噛み癖を止めるヒント »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/61814758

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後の裁判官:

« すべすべがいいのでしょうか | トップページ | 爪噛み癖を止めるヒント »