2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 骨粗鬆症とスポーツ | トップページ | 顔が赤くなる »

2016年2月25日 (木)

ハイヒールを履きたい

個人的にはハイヒールは足を壊して膝を痛めて果ては腰を痛める害なものと思っていて、どうして履くんだろうといつも疑問に思っておりました。ハイヒールを履いていると災害にあったときにも、暴漢に襲われたときにも逃げられません。ハイヒールはつまり中国の纏足(てんそく)(女性がにげられないように足を小さくするくつ)と同じです。これがかっこいいなんて広めている世の中をずっと苦々しく思っていました。

それでも、ずっとそれがきれいでかっこいいという固定概念が、世界中に広まってしまうと、やはり履きたいと思う女性が大勢いるようです。

せめて足にあったハイヒールを履いてほしいと思います。ハイヒールのように見えるけれど足の痛くならないくつをえらぶとか。(でもかっこよくないのかも・・・)

それでもどうしてもはかなくてはいけないのならすこし工夫が必要です。

昨日NHKのガッテンでやっていたのですが、踵と土踏まずの間のところに耐震マットのような滑り止めを貼り付け、つま先があたらないようにするという工夫が紹介されていました。ストッキングを履いていてもつま先が前に当たらないようです。皮膚科的にはその耐震マットの素材でかぶれないか若干不安が残りますが。皮膚に問題のないシリコン樹脂であればいいのですが、他の素材ならかぶれる危険性があるでしょう。夏場に長時間つけない方がいいかもしれません。

また、指と指の間が当たって痛い場合はクッションなどに入れるポリエステル綿を指の間につけてクッションをつくり指と指が当たらないようにすると良いと思います。

いずれにせよ、普段ハイヒールは履くものではありません。どうしてもはかなくてはならないときに上記のような工夫をして痛くないように履いてほしいものです。

« 骨粗鬆症とスポーツ | トップページ | 顔が赤くなる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/64132995

この記事へのトラックバック一覧です: ハイヒールを履きたい:

« 骨粗鬆症とスポーツ | トップページ | 顔が赤くなる »