2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 局所多汗症について | トップページ | 小学生の圧迫骨折 »

2016年5月23日 (月)

膝関節のレントゲンは基本立位で

 簡単に言うと膝の軟骨等がすり減ってくる疾患である変形性膝関節症の診断をする時、できるだけ立った位置でレントゲンを撮っていただいています。立っていることが不安定だったり痛くて無理だったりする場合は仕方がないのですが、なるべく立ってレントゲンを撮った方が荷重した時の膝の状態がわかります。
 病院と比べると診療所では、やはりいろいろと制約があります。整形外科で最も難しいのは立位でのレントゲン撮影とDEXA検査ではないかと思います。やはりスペースの問題があり特に都市部の整形外科診療所では立位でのレントゲンは行えない場合が少なくありません。当院では台を用いて、できる方にはなるべく立って撮影していただいています。DEXAも幸い当院のレントゲン室には設置可能でしたので数年前からDEXAで骨密度を測定しています。
 本当は腰椎のMRIも立位で行えると現在より診断能力はかなり上がるだろうなと思っています。腰痛や坐骨神経痛も寝ている位置ではあまり生じない方が多いのですが、立位や歩行時に生じることが多いからです。ひとつだけ立位でのMRIが行える機械があるのですが、やや強度が弱いかなと思っています。体幹と下肢に圧迫力をかけて仮想立位下でのMRIを行う機器も一部使われています。
 前医でレントゲンを撮っている方には、寝て撮ったか立って撮ったかをお聞きすることがあります。覚えていていただけますと幸いです。

« 局所多汗症について | トップページ | 小学生の圧迫骨折 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/65641072

この記事へのトラックバック一覧です: 膝関節のレントゲンは基本立位で:

« 局所多汗症について | トップページ | 小学生の圧迫骨折 »