2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« イギリスの離脱と日本 | トップページ | 落雷の威力 »

2016年6月29日 (水)

絶対手術をしないという選択;膝版

 最近、絶対に受けてはいけない手術などといった見出しが載っている雑誌がよく目につきますね。その単純すぎる能天気な考え方にため息しか出ませんが、ある意味警鐘を鳴らすという面では全くの害悪ではないのかもしれません。
 手術をするかどうかは、重症度のみではなくその人の人生観や金銭面、制度的な問題など様々な要素をよく考えて個々人に合った方針を決めていく必要があり大変難しい問題です。それを一言で全員に絶対手術をすべきでないとか言える思慮の浅さには驚きです。
 医学的には非常に重症の変形性膝関節症でも、絶対に手術を受けたくないという方はたくさんいます。それはその方の人生観として尊重すべき考えだと思います。膝の場合手術を避けるという方法も意外とアリだと思いますが、それが可能かどうかはレントゲンを行った時に下腿側の骨(脛骨と言います)の関節面が崩落していないかどうかが最も重要である印象があります。手術を嫌がっている方でも、脛骨の関節面が崩落するように破壊されていくと膝関節が支持性を失い歩行が非常に困難になり痛みも取れにくいです。なので最終的に手術を選択する方が少なくありません。それでも歩くことを諦めて車椅子にするか自宅内ではいざって移動するようにしている方もいますが。
 脛骨の関節面が崩落せずにしっかりとしていれば、関節軟骨が全くなくても歩いて人生を終わる方も少なくありません。印象としては膝が非常に痛いのは軟骨や半月板といった関節の間にある組織が損傷していく過程で、それらが完全になくなって骨と骨がうまく噛み合ってしまうとそれほど痛くないようです。そこまで頑張れれば手術をしなくても何とかなるようです。
 どうしたらそのような状態に持っていけるのか。私は農家の方に一つのヒントがあるような気がします。農家の方は一般の方に比べると明らかに疼痛の閾値が高いと思います。また、痛みがあっても作業を休まず(休めず)黙々と働かれます。山村や農村などの番組などを見ると腰が90度に曲がってかなりなO脚になったような方でも畑や山で働いている様子が映し出されているのには感服します。この近隣の農家の方も、腰も膝も肩も磨り減ってしまっていても一般の方より明らかに鎮痛剤等に頼らず働かれていることが多いです。
 つまり擦切れきるまで頑張ることができるかどうか。適宜鎮痛剤やヒアルロン酸注射を行うことは有効ですが、ずっと薬に頼るのも体によくはないように思います。痛いからといって安静にしても体力や筋力が落ちていくだけです。面が合っていない二つの石をずっと擦り合わせていくといつか面の凹凸が合って綺麗に噛み合うというイメージでしょうか。そこまで頑張らなくても人工関節したらほとんどの方はスムーズに歩けるのに…。と思うこともあり、一応そういう情報もお伝えするようにしていますが。
 70歳代の方で、人工関節にすれば自立した生活を送れる可能性が非常に高いのに嫌だからということで家事を介護保険で行ってもらう方が増えていったら社会保障制度がますます破綻に近づくとも思いますが、その辺の個人と社会の関係性も考慮しないといけないのかもしれません。
 手術をするかしないか。ほんとうに個々人の事情や考えで様々な答えがあるものです。

« イギリスの離脱と日本 | トップページ | 落雷の威力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/66267312

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対手術をしないという選択;膝版:

« イギリスの離脱と日本 | トップページ | 落雷の威力 »