2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« win winの関係には陥らないよう | トップページ | 特発性腰椎硬膜外脂肪腫症 »

2016年8月22日 (月)

高齢者の上腕二頭筋腱断裂

 上腕二頭筋というのは、二の腕の力こぶを形成している筋肉です。肩関節の上方と、肩甲骨の烏口突起という部位の2箇所から腱が伸びていて二の腕で筋腹を形成し前腕の骨に繋がっています。肩側で2箇所に繋がっているので二頭筋と呼ばれています。スポーツ選手などでも、このうちの肩関節上方へ伸びている腱が断裂することがありますが、高齢者ではちょっとした動作でこの腱が切れてしまうことがあります。
 少し重たい物を動かそうとしたら二の腕が痛くなったとか、布団を引き上げようとしたら痛くなったとか。場合によっては五十肩のようだけれど力こぶが出っ張ったという話をされる方もいます。
 特徴としては腱が切れて筋肉が短縮するのに伴って力こぶが下に移動して出っ張ったようになります。痛みとしてはそれほどひどくはありません。
 もともと、肩関節周囲で骨が棘状に突出していたり、腱板という肩を動かす筋が痛んでいたりする方に生じることが多いように思います。なので予防として特に肩峰の骨棘が突出している場合にその部位を切除してなだらかにするという手術もあるのですが、症状がひどくないとなかなか手術を希望される方もいないのが現実です。
 肩関節の痛みや関節炎などで肩にステロイド注射をすると、腱が弱くなって皮下断裂する可能性が稀にあります。二頭筋腱の周囲にはよく炎症を起こしますので、この部位に注射をする場合がありますが、合併症としても注意が必要です。内服や湿布で炎症が治まって来ない時にはステロイド注射が良く効くことも多いのですが、頻回に注射できないのはこの合併症の懸念があるためでもあります。
 治療としては、基本的に高齢の方では手術的な再建術は必要ないことがほとんどです。しばらく肩の挙上が困難だったりしますが、日常生活での困難はなくなる ことが多いです。力こぶの左右差は残りますが、通常はあまり気にならないようになります。痛みのあるうちは湿布等にて対応し、可動域の回復具合によりリハ ビリテーションを行います。

« win winの関係には陥らないよう | トップページ | 特発性腰椎硬膜外脂肪腫症 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/67131679

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者の上腕二頭筋腱断裂:

« win winの関係には陥らないよう | トップページ | 特発性腰椎硬膜外脂肪腫症 »