2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 肺炎のガイドライン | トップページ | 良くも悪くも民主主義 »

2016年10月25日 (火)

痛風は痛い。

 典型的な痛風発作というのはやはりかなり痛そうです。自分でなったことはないので体験談としては語れませんが、様々なタイプの痛い人を診てきた経験から推察するに、痛風はやはり痛い病気だと思います。
 典型的な痛風は、夜激痛で眠れず、朝に足を引きずるように来院されます。院内でも松葉杖を使ったり車椅子に乗って移動したりします。石灰沈着症や偽痛風などでも痛みがひどい方は夜眠れなかったりしますので鑑別は必要になりますが、入室してきた時点でほとんど診断がつくことも少なくありません。
 痛風になった方は、再発することも少なくありません。痛風の既往のある方や高尿酸血症を指摘されている方は、消炎鎮痛剤を常備薬として持っていてはどうかなと思います。薬の副作用の既往がなければ、関節が外傷なく痛くなってきたら早めに炎症止めを内服すれば激痛へ進展することはかなりの確率で防げると思います。尿酸値をコントロールすることが基本ですが、きちんとコントロールできている方でも発作を起こすことはありますので注意が必要です。

« 肺炎のガイドライン | トップページ | 良くも悪くも民主主義 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/68114410

この記事へのトラックバック一覧です: 痛風は痛い。:

« 肺炎のガイドライン | トップページ | 良くも悪くも民主主義 »