2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

血管の評価

 高血圧や脂質異常症、糖尿病で治療されている方は非常に多いですが、何のために治療されているか把握されていますでしょうか。血圧やコレステロール、血糖値を下げることが最終目標な訳ではありません。それらが高いことが持続すると動脈が硬化したり様々な臓器に障害を生じたりして最終的に脳梗塞や心筋梗塞、腎不全に対する透析、白内障や緑内障、網膜症などによる失明、など様々な疾患、障害を来してしまうため、これらの最終的な状態を未然に防ぐために生活習慣病の治療は行われている訳です。
 ところで、生活習慣病の治療をされている方は皆さん実際に動脈疾患がどのくらい進展しているかという評価を定期的に受けていますか?診察としては、手足の脈が左右差なく触れるか、足の指の色調や爪の還流の具合などで評価しているでしょうか。市の健診では眼底検査で動脈評価を行なっています。その他には動脈硬化度測定は簡便に行える方法です。
 整形外科は動脈を評価する機会が比較的多い診療科かもしれません。長く歩けない間欠跛行という症状があると足の脈を見ないといけません。足の指の色調が不良だったり潰瘍があったりしてもそうです。上肢への放散痛でも、鎖骨下動脈などの病変のこともあります。失神の既往やめまい・ふらつきなどで、椎骨動脈や頚動脈の疾患も除外が必要です。
 先週、頚動脈狭窄の講演会に参加して実際に超音波検査のデモもさせてもらってきました。頚動脈は浅いところを太い動脈が流れており、超音波検査で動脈の壁の厚さや沈着物の有無を評価したり、流速を測定したりできます。頚動脈が狭窄すると、一過性の脳虚血発作を起こしたり、一過性に目が見えにくくなったり(黒内障)します。この一時的な症状のうちに発見できれば頚動脈にステントを入れたりすることにより重篤な脳梗塞を発症することが未然に防げることになります。
 動脈の直接評価は、生活習慣病の中間試験のようなものです。通常の診療ではまだまだ評価されていない方が多いのではないかなと思いますが、これからは必須の評価になっていくのではないかと思います。

2017年1月27日 (金)

この時期にバスケの授業は

 冬のこの時期は寒いし体育館でバスケということが多いのでしょうか。バスケでボールが当たって突き指をしてくる子供が毎日のようにいます。突き指にも、捻挫から骨折までいろいろな種類があるのですが、骨折していると副木で固定したりします。小学6年生の子や中学3年生の子だと、ちょうど受験真っ最中で、利き手の指を固定してしまうと字が書きづらくなり試験の時に困ってしまいます。
 必要最小限の固定にしたり、なるべく固定せず経過を診たりテーピングにするようにしたりしていますが、心理的にも受験の時に集中できなくなってしまうと可哀想な気がします。
 せめて受験のある学年では、この時期にバスケやバレーは授業でやらないようにしていただけないのでしょうか。今度学校医の集まりで学校の先生たちと集まる会議があるので、ちょっと提案してみたいと思います。

2017年1月21日 (土)

この世界の片隅に

 今日は子供達と一緒に「この世界の片隅に」という映画を見てきました。久しぶりに映画館で大泣きしてしまいました。この映画は戦争が遠い存在となっている子供達よりも、戦争を体験した世代や祖父母や両親から実際の戦争体験を聞いて育った我々の世代の方が身に染みてくるのかもしれません。このようなことがあって今の日本があるんだということを再確認させられました。今の時代の不満とか悲しみとかは本当に小さなことなんだなと。日常の中の小さな幸せがどんなに素晴らしいことかと。何かごちゃごちゃ悩んでいる自分が情けなくなってしまいます。
 まさに今、この時代にこのような映画を作っていただいた方々には本当に頭が下がります。グローバルの中では全く評価されないのかもしれませんが、日本の中では昨今の映画の中で最高によくできた作品の一つだと思います。これから毎年8月になったらテレビで放映してほしい作品でもありますが、本当に映画館で公開しているうちに見てよかったと思います。

2017年1月19日 (木)

そう言えばビールやめました。

 昔からものすごくお腹の弱い子供でした。小学生の時からワカモトや正露丸が欠かせないような。精神的なものや体質かなと思って諦めて生きてきましたが、40歳を過ぎてから症状が悪化してきました。一昨年くらいから時々腹痛を伴うひどい下痢に見舞われるようになり、ひどい時には本当に日常生活に支障が出るくらいでした。
 過敏性腸症候群などの機能性下痢症かなと自己判断してそれ用の治療をしてきましたが、更に悪化して時々発作的な爆撃様の水様便を生じるようになりました。考えてみれば食事後数時間で発作を生じ、お腹が空になると治るといった感じのことが多いようです。
 もうロペミン頻回使用状態になってしまい困っている頃、例のジョコビッチのアレに藁をも掴む思いで乗ってみることにしました。なので正確には麦全般を基本的に止めてみました。その後激烈な下痢の発作は起きていません。まだ3〜4ヶ月なので本当なのか疑わしいですが、もう少しこのまま様子を見ようと思っています。IgG抗体検査というものも人柱としてやってみようかなと少し思っています。
 ビールを止めてみて思ったのですが、生活習慣を変えるということは意外と難しくないなと思います。麦全般を完全に止めるのはかなり厳しく、お腹を壊しても大丈夫な週末などは少し食べたりはしていますが。忘年会も新年会もビールで乾杯しないので変な奴と思われたかもしれませんが、あの発作のつらさに比べたら何でもありません。
 生活習慣病などでたくさん薬を飲んでいる方も少なくありませんが、やはり生活習慣を改めてみたらどうでしょう。晩酌止めてみたり間食止めてみたり。経済活性化には逆行してしまうかもしれませんが、本人のためにも医療費削減のためにも一番だと思います。

2017年1月 4日 (水)

明けましておめでとうございます。

 今日から通常通りの診療を開始いたしました。今日は休み中に怪我をされた方で大変混雑してしまい申し訳ありませんでした。年末に転倒した方も多く、飲みすぎたのかな?という方も少なくありませんでしたがどうなのでしょう。
 今年はトランプ氏も大統領に就任し、どんな一年になるのか予想が難しそうですが平穏な一年になってくれることを期待したいところです。そういえば今年は年男です。年男というと厄年と勘違いしそうですが、運が悪い年は訳ではなさそうなので良い年になる様に頑張ろうと思います。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »