2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 小児スポーツの母趾痛 | トップページ | 最近の鎮痛剤の副作用事情 »

2017年7月27日 (木)

発達障害の勉強会

 月曜日に発達障害の勉強会に参加してきました。放課後デイサービスの勉強会に参加させていただいた訳ですが、大変参考になりました。
 発達障害は、現在はスペクトラム(連続体)と捉えられており自閉症スペクトラムでは広くとらえると10人に1人は該当するとのことでした。自分がこのスペクトラムの中でどの位の位置にいるのかと考えると少し不安になってしまいます。
 質問で様々な困難例を示された時の専門医の先生の対応の仕方にはなるほどと感心させられました。苦手な環境や、本人の特性を的確にとらえて本人が対応しやすい方向へ誘導していくにはちょっとした工夫が必要なことがよくわかりました。
 支援が必要な子供やその親御さんに対する施策はまだまだ全く足りていないのではないかと思います。一般外来にも発達障害と思われる子はよく来院されます。本人はもちろん、親御さんも暮らしやすい世の中になっていくにはどうしたらよいか、みんなで考えなければならないなと思いました。

« 小児スポーツの母趾痛 | トップページ | 最近の鎮痛剤の副作用事情 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害の勉強会:

« 小児スポーツの母趾痛 | トップページ | 最近の鎮痛剤の副作用事情 »