2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2018年あけましておめでとうございます | トップページ | 保湿について »

2018年1月 5日 (金)

膝の捻挫とビンディングの重要性

 昨年のクリスマス頃に今季初めてのスキーをして、生まれて初めて膝を捻挫してしまいました。上級コースのコブで捻挫したとかならまだ格好がつくのですが、最後の一本で麓に降りる時に平坦になってきた初心者コースあたりで何の具合か足がもつれて派手に転倒してしまいました。一日滑ってもう大腿の筋肉等が限界だったとは思いますが、体力の低下にショックが大きいです。
 子供とスキーをするようになってからずっとショートスキーを使っていますが、前後で固定するタイプのビンディングで、転倒している最中も板が外れず膝が捻れていくのが分かりました。特に右膝がビキビキと軋んで膝の何かしらの線維性の組織が切れていくのが分かるのですが、なんせゴロゴロ転がっていて如何にもできない状態でした。しばらく立ち上がれず、結構痛かったのですがまずスキーを外して診察してみました。どうやらメジャーな靭帯は切れてはいなさそうだったのでしばらく休んでから直滑降で帰りました。以後膝が完全に伸展できず、回旋すると痛みが悪化して左足を引きずるように歩いていましたが、大きな靭帯断裂がない以上は修復するのを待つしかないかなと思い無理しないようにして経過を見ることにしました。年末には田舎で再度スキーをする機会がありましたが、まだ回旋するとやや痛かったのでテーピングで固めて何とかスキーはできました。
 軽い捻挫といえどもやはり痛くて困るものですね。年も考えて行動しないと。今年はもう一度スポーツできる体に作り変えたいと思います。
 やはりスキーではしっかりしたビンディングで、衝撃で外れることは大切なんだなと痛感しました。もう20年くらい使っているショートスキーは買い換えが必要かなと思います。今はスキー人口も昔に比べるとだいぶ減ってしまいましたが、逆にリフトで待つことなどほとんどなくゲレンデも空いているので昔より滑り放題で楽しいと思います。冬の間家の中でゲームばかりしているよりも、ウインタースポーツがまた盛り上がるとよいなと思います。
 最近はヘルメットをしている方も増えてきていて、スキーを安全に行うのであればスキー用具も今時の安全性の向上した物を使うことをお勧めします。

« 2018年あけましておめでとうございます | トップページ | 保湿について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 膝の捻挫とビンディングの重要性:

« 2018年あけましておめでとうございます | トップページ | 保湿について »