2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月16日 (金)

日本車もある意味ジェネリック

 自動車は昔欧米の企業により発明、開発され、日本はその技術を導入し工夫して現在に至っています。つまり日本車も言ってみればジェネリックに当たる製品です。現在、日本車はジェネリックだから嫌という人がどれくらいいるでしょうか。
 薬についても、そろそろジェネリックに対する認識を変える時期になっているのではないかと思います。政府が生活保護受給者に対してジェネリックをなるべく使うように指導しようとすると、メディアや人権派という方々は人権侵害だとかいう話をしますが、ジェネリックをしっかり使える状況でそれはちょっと違うという気がします。
 私は、自分で薬を飲む時には大抵ジェネリックを使っています。診療所で主に一般名処方をしているのに自分だけ先発薬を選ぶのもどうかと思いますし、理系的・化学的に考えれば、しっかりした会社が作った薬に同じ化学式の物質が同量入っていれば薬効に大差はないはずだと思っています。添加物等によって差が出るという医師もいますが、どれほどの差が出るのか微妙ではないかなと思います。そもそも40歳の人と70歳の人でどれだけ同じ薬を使っているかと考えれば、添加物等の差など臨床的に経過を見ながら種類や量を調整すれば何とでもなるような気がします。
 そもそも開発費の回収が終わったはずの後もジェネリックより高価な設定がなされている先発薬にも疑問符がつきますが、先発薬メーカーには次の新薬の開発に努力していただかないといけないのである程度仕方がないのかもしれません。
  病は気からと言いますから、ジェネリックは効かないと思っている方にジェネリックを処方しても当然効きが悪いものです。そんな場合は精神面や心因性の要素を医師としては配慮する必要があります。
 もっとも日本の財政が健全であればみんな先発薬でよいのかもしれませんが、現状財政が厳しい状況ではお金持ちでもそうでなくてもジェネリックが標準でそれでは無理な場合に先発薬を考慮、という感覚に慣れていただいた方がよいのではないかと思います。

2018年2月 9日 (金)

ささくれは引っ張らない。

 この時期、手が荒れている方が多いと思います。爪の脇にささくれができると思わず引っ張って取ってしまいたくなります。
 最近ささくれを引っ張って取った後にバイ菌が入って皮下膿瘍を生じて来院される方が多いです。皮膚科を受診される方が多いですが、当院では整形外科で麻酔下に切開排膿しています。
 ささくれを取ってから数日でだんだん痛くなり、最後には夜間痛で眠れなくなって翌日受診というパターンが多いですが、だんだん痛くなってきたらほぼ化膿しつつありますので早めに受診すると抗生剤の内服や穿刺のみで治るかもしれません。
 日頃指の腫れた患者さんを見ていると、指が腫れて夜眠れないのも辛そうですが指に麻酔するのも痛そうで、自分には極力されたくないと思いますので自分のささくれは絶対に引っ張らないようにしています。ささくれた部分の根元を細いはさみで丁寧に切るのが一番です。
 むやみに洗剤や石鹸で頻回に手を洗ったり消毒液を付けたりゴシゴシ擦ったりして手を荒らさないことも大切だと思います。

2018年2月 1日 (木)

お友達かどうか

 今新しい診療所の新築、移転準備を進めていてつくづく思うのは、公的な許認可を得るということは本当に大変なことだということです。地元で数十年安定して運営してきた診療所を近所に引っ越すというだけでも、国や都や市の認可を得て予定通り移転開院できるのかどうかハラハラする日々が続いています。
 やっぱりこの国で生きていくためにはお代官様と料亭で飲んだりゴルフで遊んだりする必要があるのでしょうか。残念ながらその辺はもっとも苦手なもので。
 頼もしい建築や法律の専門家に依頼しているのでほぼ大丈夫だとは思いますが、もう2月に入ってしまった今でも4月初めの開院というのはまだ「予定」です。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »