2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 運動で痛めた方々 | トップページ | 橈骨頭骨折 »

2018年8月30日 (木)

電子カルテ

 最近は電子カルテを使う病院も増えてきました。当院でももう10年以上使用しています。電子カルテについてはいろいろデモしていただいたり注視してきましたが、まだまだ実用的に満足できる物はありません。現状の電子カルテを見ていると、日本の悪い所が凝縮されているように思えてなりません。

 最も絶望的なのは、各会社の電子カルテのデータ形式が統一されていないことです。例えば家電製品で、電気の種類や周波数やコンセントの形がバラバラだったらどれほど使いにくいでしょう。A社の冷蔵庫は50Hzでコンセントの幅は1cm、B社の掃除機は60Hzでコンセントの幅が2cm、C社の電子レンジは直流電源でコンセントの足が丸いなど全てバラバラだったら家を建てるときに一体どんな電気設備を入れるでしょうか。電子カルテはデータ形式等がバラバラなのでデータの受け渡しもできず連携も困難で、もし電子カルテを他社に変えようとするとそれまでのデータは使えないとかあり得ますか?…。

 もし日本の政治家や官僚に少しでも先見の明があったら、もう少し現状が良かったのかもしれません。間違っても開発早期に携わっていたけど今のようになったとは言わないでいただきたいと思います。昨今の各省庁の不祥事を見ていると、あまり高いレベルの仕事を期待すべきでは無いのかなという残念な気持ちになります。

 診療には多くの情報が必要です。本来は株の売買でよく見るようなマルチモニターで様々な情報を同時表示しながら診察するくらいのことがしたいところです。しかし、現在の電子カルテはまるで前方の窓ガラスが50cm四方しかない自動車みたいに表示できる情報が少ないです。そもそも電子カルテの長所として謳われていることが、「前の診察記録や処方内容をマウス操作だけでコピペできますよ。」とかですが、それってネットコピペでレポートを提出する大学生にプレゼンするのと同じレベルです。

 いっそのこと日本医師会が、電子カルテを作成して供給すればよいのではないかなという気もします。コスト的に無理ということかもしれませんが、共通形式の電子カルテを大量に供給してそのデータを匿名でもよいので集めれば日々の実臨床の貴重なビッグデータになる訳で、研究機関や実臨床の様々なデータがほしい業界にはかなりの高価値でしょうからコスト的には成り立つような気がします。

 どこかに本気で使える電子カルテを作っていただける方はいないものかと思いますが、そもそも電子カルテという製品が、現在のデジタル業界には理想を実現できない難しいものなのかもしれません。

« 運動で痛めた方々 | トップページ | 橈骨頭骨折 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3098/74128201

この記事へのトラックバック一覧です: 電子カルテ:

« 運動で痛めた方々 | トップページ | 橈骨頭骨折 »