2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 学校イップス | トップページ | 珍しい日 »

2018年11月16日 (金)

ビタミンDの測定について

 10月から骨粗鬆症に対してビタミンD25OHVitD)の血液中濃度が保険で測定できるようになりました。日本人では多くの方でビタミンDが不足していると言われており、健常と思われる日本人の成人でも5070%はビタミンD欠乏と判定されるという文献もあります。

 骨粗鬆症は骨が弱くなり骨折しやすくなってしまう疾患の一つで、高齢になってから骨折を繰り返すと疼痛や運動機能の低下により要介護状態になってしまう原因として重要な疾患です。大腿骨頚部骨折の予後(生存率)は胃癌などより悪く、自立した老後を過ごすためには骨粗鬆症の予防と治療は生活習慣病と同じくらい大切です。

 治療としては骨折をきちんと防ぐには骨粗鬆症専用の薬が必要ですが、カルシウムやビタミンD が不足しているとそれらの薬の効果も弱くなってしまうためカルシウムやビタミンDも併用する場合が多いです。また最近は効果の高いビタミンD製剤があり、ビタミンDの処方のみで経過観察していただくことも少なくありません。

 今まではビタミンDを測定することが出来ませんでしたので、血液中や尿中のカルシウム濃度を測定したり骨代謝マーカーというものと測定したりして調整していました。これからはビタミンDを測定できるため、普段の食生活の中でどれくらい不足しているのかがよく分かるようになりました。測定は基本治療前の1回です。なので、治療は考えていないけれどビタミンDの検査だけ受けたいという場合は保険で検査を行うべきではないかなと思います。

 ビタミンDの測定値は夏に高くなり冬に低くなるという傾向があります。これは日照時間の影響で紫外線曝露時間等が影響するためで、同じように緯度の高い地域の方が低値になる傾向があるようです。これから冬になると、より一層食生活でもビタミンDを摂取して日向ぼっこをした方がよいかもしれません。

« 学校イップス | トップページ | 珍しい日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビタミンDの測定について:

« 学校イップス | トップページ | 珍しい日 »