2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 珍しい日 | トップページ | 今年の外来診療は終了いたしました。 »

2018年12月 6日 (木)

他流試合

 久しぶりに他の医師の診療見学に行ってきました。一人で診療していると思考が偏ってしまうので学会や講演会には定期的に参加していますが、実際の診療ではデータや講演では分からないニュアンス的なこともあり直接見学することでしか得られないこともあります。特に整形外科は運動器を扱うので、動かした時の感覚などは言葉では表現できないものです。整形外科は整形外科専門医の他に脊椎、各関節などに細分類上の専門医の設定があり、他の分野についてはやはりその領域の専門医が一番最先端を走っています。

 他の医師の診察を見ると、やはり医師は根本的な考えや医師としての経験からそれぞれの理念や治療方針が異なるのはある程度仕方の無いことだと思い知らされます。いくらエビデンスに基づいた標準的治療を目指しても、それぞれの医師の解釈などによってまったく同じ対応になることは難しいでしょう。

 患者さんとしても、薬に対する考え方、検査に対する考え方、リハビリや介護に対する考え方など人それぞれで、全く一つの方針で全員が納得することはないでしょう。

 医師も自分の治療を提示し、患者さんも自分の希望に近い医師を選択できるということは必要なことかもしれません。もちろん標準的治療から大きく乖離してしまうことは避けないといけないですが。

 今回見学させていただいた先生は全国的にも有名な医師で大変勉強になりました。快く見学させていただけて本当に感謝です。もう50歳近くにもなってきましたが、やはり一生勉強ですね。この経験はきっちり今後の治療に反映していきたいと思います。

« 珍しい日 | トップページ | 今年の外来診療は終了いたしました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他流試合:

« 珍しい日 | トップページ | 今年の外来診療は終了いたしました。 »