2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 歩行困難の種類 | トップページ | 子供の腰痛は早期診断が望ましいです。 »

2019年5月21日 (火)

トラウマインフォームドケア

 この週末は学会に参加してきました。一番印象に残ったのはトラウマインフォームドケアという講演でした。

 トラウマというのは一般的な用語にもなっていますので、知っている方も多いと思います。自然災害や事故、暴行や虐待、各種ハラスメントやいじめ、戦争体験、他人の死や事故の目撃体験などなどさまざまな要因によって引き起こされる「心のけが」とか「脳のきず」とも言われる状態とのことです。単回のトラウマ体験も、繰り返されるトラウマ体験もあり、極度のストレスを受けており通常の対応では対処できない場合が多く、その後の人生にも心身ともに大きな影響を及ぼす状態です。

 子供の時に様々なトラウマ体験を受けることをACE(Adverse Childhood Experiences)と言い、成人後に健康状態の悪化や社会的問題なども生じてしまう可能性があり社会全体で対応していく必要があるというお話しでした。

 医師として生活習慣病や慢性疼痛などを診ていると、何でこれほど病気を様々もっているのにセルフコントロールが全くできないのだろうか、と苛立ちを覚えてしまうことも正直あります。整形外科ですと自傷行為で来院され、どうすれば防げるのだろうかと考えながら縫合することもあります。その人の背景を考えるとつらい体験があったり一人ではどうしようもない事情を抱えている場合も少なくないのだろうなと思い、本当に全ての医師がこういう概念について深く知る必要があると強く感じました。

 今、まさに地域ケア会議の方でも「困難事例」といって様々な問題を抱えていて医療や介護のみでは対応困難なケースをどうするかという話し合いをしています。福祉関係者や地域の方々、もしかすると宗教関係者や不動産関係者などなども含めて考えていく必要があるのかもしれません(本当は政治家も入るべきでしょうけど)。

 最終的には現代のコミュニティー不全を再構築していく作業なのかもしれず、壮大な話の一端を見ているようです。今の専門医ではとても対応できない話ですね。昔の赤ひげ先生は町に出て行ってトラウマのある方に様々な社会的処方箋を出していたのでしょうか。

 診療所の問診票にさりげなくトラウマに関する質問なども入れてみたら記入する方はいるだろうか。診療所に心理療法士のような方が居たら利用される方がいるだろうか。これからプライマリケアの現場にどう取り入れていくべきか。いろいろ考えながら学会から帰ってきました。

« 歩行困難の種類 | トップページ | 子供の腰痛は早期診断が望ましいです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歩行困難の種類 | トップページ | 子供の腰痛は早期診断が望ましいです。 »