2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ロボット手術の時代 | トップページ | リハビリのコツ »

2019年7月31日 (水)

腰椎骨密度の評価について

 当院では骨粗鬆症の検査として腰椎と大腿骨のDEXA法による骨密度を測定しています。

腰椎の骨密度は、ガイドラインでは第1~第4腰椎または第2~第4腰椎の骨密度の平均値を評価に用いるとなっています。腰椎のDEXA検査を導入当初は第1~第4で評価していましたが、連携する病院で第2~第4腰椎での評価をしていたことなどから、その後第2~第4腰椎での評価を採用していました。

 実際に第1から第4までの腰椎ごとの骨密度を見ると、第4、第5腰椎は骨盤に近く年齢とともに変形している方が多く、骨密度はかなり高い結果になることが多いです。逆に第1、第2腰椎は骨密度が低い結果になることが多く、実際に圧迫骨折を生じてくるのも下位胸椎から第1、第2腰椎のことが多いことを考えると、本当は第1~第3腰椎あたりで評価した方が変形性腰椎症の影響も受けにくく初発圧迫骨折の防止には役立つのではないかなという印象があります。

 学会で決まっていることなので個人的にガイドラインを変えることはできませんが、やはり骨密度としては第1腰椎を含めて第1~第4腰椎で評価することにしました。第2~第4腰椎での評価も結果は出るのでこれまでの評価との連続性は保たれます。

 高齢になっても背中がなるべく曲がらず歩いたり日常生活動作を行う運動機能を維持するためにはやはり骨の評価は大切だと思います。本当は中高年で1回くらい健診として行えるとよいように思いますが、腰椎と大腿骨の骨密度を行える医療機関が少ないこともあり現実的ではありません。せめて手首や踵での検査で骨が薄いと言われたら、一度は腰椎と大腿骨の骨密度も測定してみた方がよいかもしれません。四肢と体幹部では結果が異なることも少なくありません。

« ロボット手術の時代 | トップページ | リハビリのコツ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロボット手術の時代 | トップページ | リハビリのコツ »